【解説】 Buttons / プッシーキャット・ドールズ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2006年の今日(9月23日)、最高位3位を記録した The Pussycat Dolls (プッシーキャット・ドールズ) feat. Snoop Dogg (スヌープ・ドッグ)の “Buttons” について解説しました。

脱がされたい願望がテーマになっている曲で、中東風のサウンドが特徴的なダンス・ポップ。

クリス・ブラウンの “Run It!” やシアラの “Goodies” などのソングライターとしても有名なショーン・ギャレットとリード・ヴォーカルのニコール・シャージンガー(他)が書いたこの曲は、紳士であろうとする男性に「物足りない」女性が主人公になっています。

フックでは、

私は「ボタンを外して」(服を脱がして)って言ってるの
でもあなたはカッコつけてばかり
私にしてくれることをアピールしてるけど
そんなことどうでもいいの

と歌われていますが、最後のヴァースではスヌープ・ドッグが

それで君たちは欲しかったものが得られて
俺は必要なものが得られた訳だけど
どういうことかって言うと
俺のモノがプッシーキャットに入ったってことさ
君たち6人に対する俺のビッグ・ドッグの働きはどうだった?
アシュレイ、ニコール、カーミット、ジェシカ、キンバリー、メロディー
聞かせてくれよ

とラップしており、どうやら主人公の女性の願望は達成されたようです。

ちなみに、スヌープ・ドッグは2005年のRadio Music Awardsで彼女たちの “Santa Baby” のパフォーマンスにサンタクロース姿で登場して共演したことがきっかけで、レーベル側の依頼を受けてこの曲に加わることになったそうです。

また、この曲のビデオはMTV Video Music Awardsでベスト・ダンス・ビデオを受賞しています。

【リンク】
当時(2006/09/23)のチャート
プッシーキャット・ドールズのヒット曲
スヌープ・ドッグのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加