ビルボード Hot 100(2021/03/13付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2021/03/13付 ビルボード Hot 100 トップ10解説


1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ) – drivers license
今週も主要チャート無冠ながら8週目の1位。
初登場で1位を獲得した全48曲中、8週1位はアリアナ・グランデの “7 rings” 以来ビルボード史上10曲目。しかしながらドレイクの “God’s Plan” 以来となる初登場から9週(以上)連続1位は絶望的で、来週はそのドレイクの “What’s Next” と “Wants and Needs” に追い越されると思われます。


2位右矢印 (先週2位、最高位2位)
Cardi B(カーディ・B) – Up
ストリーミングを制して今週も2位をキープ。
フックの “up and stuck”(上昇してキープする)というフレーズどおり初登場2位のあと上位をキープしているこの曲、来週は引き続きチャートポイント微増となりそうですが、順位のほうはドレイクの新曲3曲とブルーノ・マーズの新曲に抜かれてトップ5から陥落となってしまいそうです。
Cardi B(カーディ・B) – ヒット曲ベスト20


3位右上矢印 (先週5位、最高位1位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – Blinding Lights
2ランクアップでトップ3復帰。
ただしチャートポイントは先週比約6%減。これでトップ10滞在は前人未到の52週(1年)。また、トップ3滞在は21週となり、マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズの “Uptown Funk!”(2015年、最高位1位)、ザ・チェインスモーカーズ ft. ホールジーの “Closer”(2016年、最高位1位)と並んで歴代1位となっています。
【解説・和訳】 Blinding Lights / ザ・ウィークエンド


4位右矢印 (先週4位、最高位2位)
Ariana Grande(アリアナ・グランデ) – 34+35
4位変わらず。
しかしながら、チャートポイントは先週比約10%の大幅ダウン。ドジャ・キャットとメーガン・ジー・スタリオンをフィーチャーしたリミックス版とビデオの効果がそれほど長続きせず、トップ10滞在10週(あと2週)のマイルストーンに到達できるか微妙となっています。
Ariana Grande(アリアナ・グランデ) – ヒット曲ベスト20


5位右下矢印 (先週3位、最高位3位)
Chris Brown(クリス・ブラウン) & Young Thug(ヤング・サグ) – Go Crazy
2ランクダウンでトップ3から陥落。
これで8週連続ラジオを制しているもののチャートポイントは先週比10%超減。ガールフレンドにベッドルームでは自粛しないでというこの曲とも(トップ10からは)今週でお別れになる可能性が出てきています。
Chris Brown(クリス・ブラウン) – ヒット曲ベスト20


6位右矢印 (先週6位、最高位4位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – Save Your Tears
6位変わらず。
チャートポイントは先週比微減。ラジオでは自身11曲目となるトップ10入りを果たしています。
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – ヒット曲ベスト20


7位右矢印 (先週7位、最高位1位)
24kGoldn(24kゴールデン) feat. iann dior(イアン・ディオール) – Mood
今週も7位変わらず。
トップ10滞在はビルボード史上18曲目の27週となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではトニー・ブラクストンの “Un-Break My Heart”(1996年、最高位1位)など3曲を抜いて18位→15位に上昇しています。


8位右矢印 (先週8位、最高位3位)
Lil Tjay(リル・ティージェイ) & 6LACK(ブラック) – Calling My Phone
8位変わらず。
ラブローン(失恋に悩む)ソングでエモ・ラップとも言われているこの曲、今週もチャートポイントは大きく減少しており、来週のトップ10キープは難しいと思われます。


9位アップ (先週11位、最高位9位)
Pop Smoke(ポップ・スモーク) – What You Know Bout Love
2ランクアップでトップ10復帰&最高位更新。
2:49と短いものの生前のポップ・スモークが見られるビタースウィートなビデオもなかなかいいこの曲、最終的にトップ10滞在2週、最高位9位(つまりトップ10はこれで最後)ということになってしまうかもしれません。


10位右矢印 (先週10位、最高位5位)
Dua Lipa(デュア・リパ) feat. DaBaby(ダベイビー) – Levitating
今週も10位をキープ。
切れのある拍手音が印象的で恋に落ちた状態を歌ったこの曲、トップ10滞在は10週目となった今週が最後になる可能性が高くなっています。

なお、今週もセールスを制したのはBTSの “Dynamite”。これでセールスのチャートでは14週目の1位で、ルイス・フォンシの “Despacito”(17週)、リル・ナズ・Xの “Old Town Road”(16週)に次ぐ単独3位の記録となっています。

現時点での来週(2021/03/20付)のトップ10予想
1位 (New) What’s Next / ドレイク
2位 (New) Wants and Needs / ドレイク ft. リル・ベイビー
3位 (-2) drivers license
4位 (New) Leave The Door Open / ブルーノ・マーズ他
5位 (New) Lemon Pepper Freestyle / ドレイク ft. リック・ロス
6位 (-4) Up
7位 (-4) Blinding Lights
8位 (-2) Save Your Tears
9位 (-5) 34+35
10位(-3) Mood

以上、最新のトップ10紹介でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加