【解説】Walk Like An Egyptian / Bangles(バングルズ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1986年の今日(12月20日)、1位を獲得した Bangles(バングルズ)の “Walk Like An Egyptian” について解説しました。

プロデューサーのアイデアでボーカルはデビー・パターソン以外の3人で持ち回るスタイルがとられていますが、プロデューサーに気に入られずボーカルから外されたデビーは本職のドラムも叩かせてもらえず(代わりにドラムマシーンを使用)、タンバリン&バックボーカルを担当されられています。

歌詞は、
ドーナツショップでいつもたむろしている警官も
円を握りしめた日本人も
クレムリンに電話する党員たちも
中国人だって
みんな古代エジプト人みたいに歩くのよ

というような他愛もない内容です。

ちなみに、この曲のソングライターは当初、”Mickey” のヒットで有名な Toni Basil(トニー・バジル)にオファーを出したものの断らたそうです。

また、2011年には「アラブの春」と言われる中東・アラブ諸国における民主化運動の高まりを受けてテーマ曲的に使われ、中東の若者たちの間でリバイバルヒットしています。

【リンク】
当時(1986/12/20付)のチャート
バングルズのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加