【解説】The Power Of Love / セリーヌ・ディオン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1994年の今日(2月12日)、1位を獲得した Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の “The Power Of Love” について解説しました。

1985年に女性ソロリストとしてイギリスで初めてミリオンセラーになったジェニファー・ラッシュの曲のカヴァーで、愛の力で困難を乗り越えるというパワー・バラード。

昨年(2016年)は、自宅を抵当に入れてまで自分をデビューさせたくれたという夫でマネージャーのレネ・アンジェリル氏を亡くし、その2日後には兄のダニエルさんまで亡くすという不幸に見舞われたセリーヌですが、アンジェリル氏の「歌い続けてほしい」という遺志を受け、2日間だけ休んだラスベガスでの長期公演を再開、ステージに立ち、彼に捧げるように

私はあなたのもの
そしてあなたは私の大切な人
あなたが求めるなら
私は何だってする

私たちは進んでるの
何かに向けて
行ったことのないどこかに
時々怖くなるけど
でも学ぶ準備はできてるわ
愛の力を

と歌っています。

ちなみに、ジェニファー・ラッシュのオリジナル版はアメリカでは最高位57位、ローラ・ブラニガンとエアー・サプライによるカヴァーはそれぞれ26位と68位となっています。

【リンク】
当時(1994/02/12)のチャート
セリーヌ・ディオンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加