【解説・和訳】 Sucker / ジョナス・ブラザーズ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ディズニー・チャンネルが生んだ最大のスター、Jonas Brothers(ジョナス・ブラザーズ)の “Sucker” を解説・和訳しました。

シンプルに『君に夢中なんだ』と歌われている曲で、手拍子が特徴的なポップ・ロック。

ソングライターは長男のケビン、DNCEを率いて “Cake By The Ocean”(2016年、最高位9位)をヒットさせた次男のジョー、ソロでは ”Jealous”(2015年、最高位7位)のトップ10ヒットを持つ三男のニック(すなわちジョナス・ブラザーズ全員)、そしてワンリパブリックのライアン・テダー。

ビルボード史上34曲目の初登場1位となったこの曲は、冒頭で、“birds of a feather flock together”(同じ羽毛の鳥は相寄る=類は友を呼ぶ)ということわざを引き合いに出して『「類は友を呼ぶ」以上の意味で俺たちは一緒になる』と歌われているとおり、今度は堅い結束で(6年ぶりに)再結成したジョナス・ブラザーズの記念すべき初のナンバーワン・ヒットとなっています。

また、ビデオはケビンの妻のダニエラ、ニックの妻のプリヤンカー・チョープラー(インドの女優&モデルでミス・ワールド優勝者)、そして長い婚約期間を経て、先日ラスベガスの簡易チャペルでジョーと結婚したソフィー・ターナー(イギリスの女優)も出演しており、(兄弟だけでなく)家族の絆が感じられる内容になっています。

【リンク】
ジョナス・ブラザーズのヒット曲
ニック・ジョナスのヒット曲
ジョー・ジョナスのヒット曲

【和訳】
[Verse 1: Nick]
We go together
Better than birds of a feather, you and me
We change the weather, yeah
I’m feelin’ heat in December when you’re ‘round me

俺たちは一緒になる(再結成する)
「類は友を呼ぶ」以上の意味で
僕らは天気だって変えられる
君がいれば12月でも熱気を感じられる

[Pre-Hook: Joe, Nick]
I’ve been dancin’ on top of cars and stumblin’ out of bars
I follow you through the dark, can’t get enough
You’re the medicine and the pain, the tattoo inside my brain
And, baby, you know it’s obvious

車の屋根で踊ったり バーでよろめいたり
暗闇でも君について行く 底なしの想い
君は薬でもあり痛みでもある
脳みそに刻まれたタトゥーだ
君にはバレバレだね

[Hook: Nick, Joe]
I’m a sucker for you
You say the word and I’ll go anywhere blindly
I’m a sucker for you, yeah
Any road you take, you know that you’ll find me
I’m a sucker for all the subliminal things
No one knows about you (About you), about you (About you)
And you’re makin’ the typical me break my typical rules
It’s true, I’m a sucker for you, yeah

君に夢中なんだ
君が言えば闇雲にどこへでも行く
君に夢中なんだ
君がどの道を進もうと きっと僕もそこにいる
サブリミナルな魅力に夢中なんだ
君のことは誰も知らない(誰も見抜いていない)けど
君は僕を普通にしてくれる
僕の悪癖をやめさせてくれるんだ
(※おそらく、君と一緒に居たいから、ジョナス兄弟が好きな30分1000ドルのフットマッサージに通うようなことがなくなるという意味)
本当さ 君に夢中なんだ

[Verse 2: Nick]
Don’t complicate it (Yeah)
‘Cause I know you and you know everything about me
I can’t remember (Yeah) all of the nights
I don’t remember when you’re ‘round me (Oh, yeah, yeah)

複雑にしないで
僕は君を知ってるし 君は僕のすべてを知っている
覚えていないんだ
すべての夜を思い出せない 君がそばにいると

[Pre-Hook: Joe, Nick]

[Hook: Nick, Joe]

[Pre-Hook: Joe, Nick]

[Hook: Nick, Joe]


【ビルボード Hot 100 トップ10解説より】
2019/08/10付
同じくワンランクダウン。
トップ10滞在はこれで22週目。初登場1位の曲としてはジャスティン・ビーバーの “What Do You Mean?”(21週)を抜いて全34曲中4位となりましたが、オールタイム・チャートではトップ10滞在22週以上の全56曲の中で(今のところ)最下位となっています。

2019/08/03付
こちらも変わらず。
8/26(月)に開催されるMTV Video Music Awardsでは “Old Town Road”、”bad guy”、21サヴェージの “A Lot”、アリアナ・グランデの “thank u, next”、テイラー・スウィフトの “You Need To Calm Down” と共にビデオ・オブ・ザ・イヤーにノミネートされたこの曲、トップ10滞在はビルボード史上75曲目の21週となっています。

2019/07/27付
8位変わらず。
トップ10滞在はこれで20週目。初登場1位の曲としては(全34曲中)、エド・シーランの “Shape Of You”(33週)、ドレイクの “God’s Plan”(26週)、ジャスティン・ビーバーの “What Do You Mean?”(21週)に次いで4位の記録となっています。

2019/07/20付
今週もワンランクダウン。
トップ10滞在はこれで19週目。初登場1位の曲としては(全34曲中)マライア・キャリー&ボーイズ・II・メンの “One Sweet Day” と並び5位タイとなっています。

2019/07/13付
ワンランクダウン。
今年の上半期セールス・チャートでは7位に入ったこの曲、これでトップ10滞在は18週目となり、初登場で1位を獲得した曲としては(全34曲中)アデルの “Hello” と並び6位タイとなっています。

2019/07/06付
6位変わらず。
初登場で1位を獲得した曲としては、アリアナ・グランデの “7 rings”、ゼインの “PILLOWTALK”、マライア・キャリーの “Fantasy” を抜いてトップ10滞在が17週(全34曲中7位タイ)となったこの曲、年間チャートでトップ10入りが期待できる水準には達していると思います。(ただ現時点での予想では11位)

2019/06/29付
2ランクダウンでトップ5から陥落。
来年のグラミーでは最優秀レコード賞にノミネートされる可能性が高いと見られているこの曲、もしそうなればビー・ジーズの “Stayin’ Alive”(1978年、最高位1位)、ハンソンの “MMMBop”(1997年、最高位1位)以来、3組目の兄弟トリオによるノミネートになるそうです。

2019/06/22付
ワンランクアップ。
シングルに続き、アルバム・チャートでも初登場1位となった “Happiness Begins” のリリース効果もあって2度目の再上昇。ビデオに各自の妻も出演させ、家族の絆を印象付けているジョナス・ブラザーズ。そのビデオには “Sucker for Sucker”(Suckerに夢中)というコメントも付いており、再生回数は自己最多を大きく更新する1億5000万回を突破しています。

2019/06/15付
今週もラジオを制してトップ5をキープ。
先日、11年前の出来事(※1)について元カノのテイラー・スウィフトから謝罪を受け、『僕たちは若かった』と応じたジョー・ジョナスが主にプリ・フックとフックの後半を担当しているこの曲、そのフックの後半では『(本当の)君のことは誰も知らない』『君は僕を普通にしてしまう 僕の独特なルール(習慣)を壊してくれるんだ(※2)』と歌われています。
※1: 25秒の電話一本で振られたとされるテイラーが、エレンショーで「”Forever and Always” はジョーへのイヤミの曲?」と聞かれた際に「もちろん」と答えたこと
※2: おそらく、君と一緒に居たいから(ジョナス兄弟が好きな)30分1000ドルのフットマッサージに通うようなことがなくなるという意味

2019/06/08付
今週もラジオは制したもののワンランクダウン。
一時は1位獲得曲のトップ10滞在最短記録(ファンタジアの “I Believe” とテイラー・ヒックスの “Do I Make You Proud” の2週)に並ぶかもという懸念もあったこの曲、これでトップ10滞在は13週となり、初登場1位を獲得した曲の平均トップ10滞在週に達しています。

2019/06/01付
ワンランクダウンでトップ3から陥落。
いわゆるフォーレター・ワード(four-letter word:4文字の放送禁止用語)の “suck” がタイトルに付く1位獲得曲としてはケリー・クラークソンの “My Life Would Suck Without You”(2009年)以来、2曲目となったこの曲、フックでは「吸い付きたいほど」というニュアンスで『君が好きでたまらない』(”be a sucker for” で「~が好きでたまらない」、「~に夢中」という意味)と歌われています。

2019/05/25付
ワンランクアップでトップ3復帰。
ビルボード・ミュージック・アワード、サタデー・ナイト・ライブと2週続けて行われたパフォーマンスも好調キープの一因と思われるこの曲、来月(15日)は復活するコメディ番組 “All That” のエピソード1でパフォーマンスされることが決まっています。

2019/05/18付
4位変わらず。
1位獲得後は一旦9位まで落ちたもののV字回復したこの曲、BBMAsに続いて先週は人気TV番組「サタデー・ナイト・ライブ」でもパフォーマンスされており、来週もその効果が期待できそうです。

2019/05/11付
今週もラジオを制してワンランクアップ。
先週(5/1)開催された “Billboard Music Awards”(以下、BBMAs)にパフォーマーとして登場したジョナス・ブラザーズ。ニックの “Jealous”(2015年、最高位7位)、ジョーが率いたDNCEの “Cake By The Ocean”(2016年、最高位9位)、そしてこの曲がメドレーで披露されており、来週はその効果が期待できるかもしれません。

2019/05/04付
今週もラジオを制してトップ5復帰。
ビルボードの新企画(ビデオシリーズ)”My Billboard Moment” に出演したジョナス・ブラザーズ。その中でニック・ジョナスは『この曲をリリースする際、実は1位獲得の可能性について兄弟で話したんだけど、そういう希望は持たないことにした』そうで、でも1位を獲得した時は『誰かをハグしたい気持ちになった』と語っています。

2019/04/27付
ラジオを制したものの先週と変わらず。
1位獲得の翌週は6位に転落し、トップ10滞在は7週だったレディー・ガガ&ブラッドリー・クーパーの “Shallow” と同じく1位→6位にランクダウンし、トップ10滞在は今週で7週目となった「君に夢中」というこの曲、プリフックでは『君は薬でもあり痛みでもある。脳みそに刻まれたタトゥーだ』と歌われていますが、「君」=「ドラッグ」と解釈されそうなことは想定内なのかもしれません。

2019/04/20付
2ランクアップ。
ボーイ・バンドとしては B2K の “Bump, Bump Bump”(R.ケリー作の曲で、彼自身の1位獲得曲である “Bump N’ Grind” の「兄弟」ソング)以来、約16年ぶりのナンバーワン・ソングとなったこの曲、ヴァース1の冒頭では “birds of a feather flock together”(同じ羽毛の鳥は相寄る=類は友を呼ぶ)ということわざを引き合いに出して『「類は友を呼ぶ」以上の意味で俺たちは一緒になる(再結成する)』と歌われています。

2019/04/13付
ワンランクアップで今週もトップ10をキープ。
この曲でグループ初の1位を獲得したジョナス・ブラザーズ。兄弟グループの1位獲得はレイ・シュリマー(スリム・ジミーとスワエ・リーの兄弟)の “Black Beatles”(2016年)以来、3人兄弟の1位獲得はハンソンの “MMMBop”(1997年)以来となっています。ちなみに、ナンバーワン・ヒットを持つ兄弟・姉妹(が所属する)グループはジャクソン5、ビージーズ、カーペンターズ、ザ・バングルス、ケー・シー&ジョジョ、ウィルソン・フィリップスなど全26組。

2019/04/06付
ワンランクダウン。
6年前の解散は末弟のニックに原因があったことが明らかになったジョナス・ブラザーズのこの曲、ビデオにはそのニックと結婚したばかりのプリヤンカー・チョープラー(インドの女優&モデルでミス・ワールド優勝者)のほか、ケビンの妻のダニエラ、ジョーのフィアンセのソフィー・ターナー(イギリスの女優)も出演しています。

2019/03/30付
ラジオでは伸び率1位ながら2ランクダウン。
初登場1位の後は大きく順位を落としているこの曲、もし来週トップ10から消えることになれば1位獲得曲のトップ10滞在最短記録のワースト3位となってしまいますが、ちなみに、ゼインの “PILLOWTALK”(2016年)は1位デビューの翌週は7位でしたが粘ってトップ10滞在は16週。(なかなかの佳曲だと思うので、このパターンに期待したいところです。)

2019/03/23付
5ランクダウンで1週でトップの座から陥落。
人気司会者ジェームス・コーデンのTV番組「ザ・レイト・レイト・ショー」への出演効果もあって先週初登場1位となった手拍子が特徴的なこの曲、人気コーナーの「カープール・カラオケ」ではその手拍子付きでパフォーマンスされています。

2019/03/16付
6年ぶりに再結成したジョナス・ブラザーズは3曲目のトップ10で初の1位。
セールスとストリーミングを制してビルボード史上34曲目となる初登場1位。シンプルに『君に夢中なんだ』と歌われているポップ・ロックで、長男のケビン、DNCEとして “Cake By The Ocean”(2016年、最高位9位)をヒットさせた次男のジョー、”Jealous”(2015年、最高位7位)などのヒット曲を持つ三男のニックのジョナス3兄弟に加えてワンリパブリックのライアン・テダーらがソングライターとしてクレジットされています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加