【解説・和訳】Stay (I Missed You) / リサ・ローブ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1994年の今日(8月6日)、1位を獲得した Lisa Loeb(リサ・ローブ)の “Stay (I Missed You)” を解説・和訳しました。

破局しかけている恋人との関係修復がテーマになっている曲で、ヴォーカルのトーン・シフト(感情および強弱などの切り替え)が特徴的なフォーク・ポップ。

ソングライトとプロデュースを自ら務めたリサ・ローブのこの曲は、彼女の隣人でもあり友人の俳優イーサン・ホークの口利きで当時撮影中だった映画「リアリティ・バイツ」の挿入歌として採用され大ヒット、リサはレーベルと契約する前に1位を獲得した史上初のアーティストとなっています。

リサ本人によると、歌詞を書いたのはこの曲の共同プロデューサーでもある恋人のフアン・パティーニョと口論になっていたときだったそうで、『いつもは想像で小説的な歌詞を書くことが多いけど、今回は(破局しかけている)現状について素直に感じていることを書こうと思った』と語っています。

また、『あなたが言うには、私は聞きたいことしか聞かない。言いたいことしか言わない』という印象的な歌い出しについては『これは彼からの「告発」で、(言われた時は)かなりへこんだ。自分の目を通してしか物事を見ていなかったし、実際の状況が見えていなかった』と述懐しており、本人にとってはカタルシス(自分の苦悩を話して抑圧感情を取り除こうとする精神療法)的なものになっているようです。

ちなみに、ワンカットになっているビデオは彼女が住んでいたニューヨークのアパートで撮影されたそうで、監督は隣人で友人の俳優イーサン・ホーク。また、ジャケ写はビデオにも登場するネコがモデルになっているようです。

【リンク】
当時(1994/08/06)のチャート
リサ・ローブのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
あなたが言うには 私は聞きたいことしか聞かない
あなたが言うには 私は言いたいことしか言わない
だから何?
私は単純に考えてしまったの
私はここに居られないって
だから出て行こうとしてるのに
今になって何か間違ってることに気が付いたの
だってあなたが恋しいの
そう、私はあなたが恋しいの

[Verse 2]
あなたが言うには 私は聞きたいことしか聞かない
私はちゃんと話を聞かない
あなたがどこに行っても気にもかけない
誰のところに行っても
どこに行っても…
あなたがすごく気にかけてくれても
私はわかっていない
私はネガティブにとらえてしまう
ノー、ノー、ノー、最悪

[Hook]
ヴォリュームを上げてラジオをつけたら
女性が私の曲を歌っていたの
「恋する人」は恋に堕ち 相手は逃げていく
「恋する人」は泣き 相手は戻ってこない
生まれた日から死にかけてる
そんな誰かを思って泣く人を
戸惑う人もいる
私が捨ててると思ってたら そうじゃなくて
私が捨てられてたの

[Post-Hook]
永遠に生きられると思っていたのに
今は自信がない
利口だなんて言われても
それが私をどこかへ導いてくれるわけじゃないし
あなたと一緒に居れるわけでもない

[Verse 3]
あなたは私が世間知らずって言ったけど
私は自分が強いと思ってた
「いいわ、私が出ていく。私が出ていく。」って思ったけど
今になって何か間違ってることに気が付いたの
だってあなたが恋しいの
そう、私はあなたが恋しいの

[Verse 4]
あなたは言った
「君が望んで僕を手に入れたのに
君の方から僕を手放すんだね」
「守ってくれる人を手放すのか
それともただ失うのが怖くて手放さないのか」
そしてあなたはこう言うの
「ここに居て」

あなたが言うには 私は聞きたいことしか聞かない…

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加