【解説】Sign Your Name / テレンス・トレント・ダービー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

1988年の今日(8月13日)、最高位4位を記録した Terence Trent D’arby(テレンス・トレント・ダービー)の “Sign Your Name” について解説しました。

僕の心に君の名前をサインしてくれという曲で、Sade(シャーデー)から曲を書いてくれと頼まれた夢に影響されて出来たラブソング。

ソングライターは2001年にサナンダ・マイトレイヤと改名したテレンス・トレント・ダービー自身で、彼は2005年のインタビューでこの曲について『シャーデーの1985年のライブエイドでのパフォーマンスと、彼女に曲を書いてくれと頼まれた夢にインスパイアされた。』と語っています。

フックでは、

君の名前をサインしてくれ 僕の心に
僕のベイビーになって欲しいんだ
君の名前をサインしてくれ 僕の心に
僕のレディになって欲しいんだ

とシャーデー風に歌われており、「サイン」という言葉から結婚(プロポーズ)を連想させる歌詞になっています。

ちなみに、この曲はジョージ・マイケルやシェリル・クロウにもカヴァーされており、シェリル・クロウのバージョンではバック・ヴォーカルにジャスティン・ティンバーレイクが参加しています。

【リンク】
当時(1988/08/13)のチャート
テレンス・トレント・ダービーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加