【解説・和訳】 Old Town Road / リル・ナズ・X ft. ビリー・レイ・サイラス

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

Lil Nas X(リル・ナズ・X) feat. Billy Ray Cyrus(ビリー・レイ・サイラス) の “Old Town Road” を解説・和訳しました。

快楽主義や物質主義の生活に満足できずカウボーイ・ライフを送るという曲で、ローランドTR-808(シンセサイザー)とバンジョーのサウンドが特徴的なカントリー・トラップ。

カントリー・チャートから外されたことに端を発し、人種差別問題にまで発展して物議を醸したこの曲は、カウボーイに扮してダンス等を披露する「イヤッホー・チャレンジ」(イヤッホーはカウボーイの叫び声)が “TikTok”(動画共有アプリ)で流行したことがきっかけとなり、週間ストリーミング数では1億回超えを連発(歴代のトップ10は4位と7位を除きすべてこの曲)、週間セールスでも歴代2位となるなど、ビルボード史上まれに見る圧倒的な強さで1位を続ける大ヒットとなっています。

週間ストリーミング数ランキング
1位:1億4,300万回(2019/04/20)”Old Town Road”
2位:1億3,070万回(2019/06/01)”Old Town Road”
3位:1億2,520万回(2019/04/27)”Old Town Road”
4位:1億1,620万回(2018/06/28)”In My Feelings”(ドレイク)
5位:1億1,530万回(2019/06/08)”Old Town Road”
6位:1億1,440万回(2019/05/04)”Old Town Road”
7位:1億 620万回(2018/08/04)”In My Feelings”(ドレイク)
8位:1億 410万回(2019/05/18)”Old Town Road”
9位:1億 400万回(2019/05/11)”Old Town Road”
10位:1億 310万回(2019/05/25)”Old Town Road”

一方、この曲がカントリー・チャートから外された際に『お前は何か凄いことをやってるってことだ。アウトローだけが追放される。同志を歓迎だ!』というエールを送ったことがコラボのきっかけというビリー・レイ・サイラスにとっては、ルイ・アームストロングの62歳に次ぐ57歳にして初の1位獲得、そして2013年に “Wrecking Ball” で1位を獲得している娘のマイリー・サイラスと親子そろっての1位獲得となっています。

歌詞の内容としては、ヴァース1は「すべての荷物を積んで出発すること」、ヴァース2は「すべてがうまくいく道を進んでいたこと」が歌われており、フックの『誰も俺には何も言えない』というフレーズについては、音楽をやめて大学へ戻ることを望んでいた「両親への軽いジャブ」の意味も込められている、とリル・ナズ・X本人が語っています。

また、メジャー・レイザーのディプロなど有名アーティストやコメディアンがカメオ出演しているビデオは、リル・ナズ・Xが西部開拓時代から現代へタイムスリップするという内容になっており、再生回数はかなり早いペースで(1億回は半月足らずで突破)増えています。

【和訳】
[Refrain: Billy Ray Cyrus]
Yeah, I’m gonna take my horse to the old town road
I’m gonna ride ‘til I can’t no more
I’m gonna take my horse to the old town road
I’m gonna ride ‘til I can’t no more
(Kio, Kio)

馬を連れ出して田舎道を行けるところまで行く
馬を連れ出して田舎道を行けるところまで行く

[Verse 1]
I got the horses in the back
Horse tack is attached
Hat is matte black
Got the boots that’s black to match
Ridin’ on a horse, ha
You can whip your Porsche
I been in the valley
You ain’t been up off that porch, now

馬を数頭手に入れた
馬具付きで
帽子はマット・ブラック(※)
(※ルイ・ヴィトンのカウボーイ・ハット)
ブーツもおそろい
(俺は)馬に乗る
お前は(馬がエンブレムになっている)ポルシェ(Porsche)に乗ればいい
俺は谷底(※)にいたが
(※俺がどん底のとき=大学時代の意味。リル・ナズ・X本人による説明)
お前はそこにはいなかった(※)
(※PorscheとPorchを掛けつつ、心底話しができる友達はいなかったという意味。リル・ナズ・X本人による説明)
そして、今

[Hook]
Can’t nobody tell me nothin’
You can’t tell me nothin’
Can’t nobody tell me nothin’
You can’t tell me nothin’

誰も俺には何も言えない
お前は俺に何も言えない
誰も俺には何も言えない
お前は俺に何も言えない

[Verse 2]
Ridin’ on a tractor
Lean all in my bladder
Cheated on my baby
You can go and ask her
My life is a movie
Bull ridin’ and boobies
Cowboy hat from Gucci
Wrangler on my booty

(俺は)トラクターに乗る(※)
(※馬からトラクターに乗り換えた=生活が良くなったという意味)
膀胱はリーン(※)で一杯
(※リーンは咳止めシロップにソーダと鎮痛剤を混ぜたドラッグの一種)
浮気もした
彼女に聞けばわかる
俺の人生は映画だ
ブルライディング・アンド・ブービーズ(※)みたいな
(※ブルライディング=「騎乗位」でブービーズ=「おっぱい」を揺らすシーン満載のポルノ映画のタイトル)
グッチのカウボーイ・ハットに
ケツにはラングラー(のマーク)(※)
(※ラングラーのジーンズをはいているということ)

[Hook]

[Refrain]

[Verse 3: Billy Ray Cyrus]
Hat down, cross town, livin’ like a rockstar
Spent a lot of money on my brand new guitar
Baby’s got a habit: diamond rings and Fendi sports bras
Ridin’ down Rodeo in my Maserati sports car
Got no stress, I’ve been through all that
I’m like a Marlboro Man so I kick on back
Wish I could roll on back to that old town road
I wanna ride ‘til I can’t no more

帽子を脱いで、町を出て、ロックスターのような暮らしをする
新品のギターに多くの金を使う
彼女はダイヤの指輪とフェンディのスポーツ・ブラの常習者
俺のマセラティでロデオ(※)に乗り付ける
(※カウボーイには付きものロデオとビバリーヒルズの有名なロデオ・ドライブ通りを掛けている)
ストレスはない すべて経験してきた
俺はマルボロ・マン(※)みたいに
(※マルボロ=タバコのCMに出てくるカウボーイ・ハットを被った男)
リラックスできる
田舎道に戻れたなら…
俺は行けるところまで行きたい

[Outro: Lil Nas X & Billy Ray Cyrus]
Yeah, I’m gonna take my horse to the old town road
I’m gonna ride ‘til I can’t no more
I’m gonna take my horse to the old town road
I’m gonna ride ‘til I can’t no more

馬を連れ出して田舎道を行けるところまで行く
馬を連れ出して田舎道を行けるところまで行く


【ビルボード Hot 100 トップ10解説より】
2019/10/12付
今週もトップ10をキープ。
トップ10復帰後は3週連続で10位となっているこの曲、トップ10滞在はこれでビルボード史上17曲目(14位タイ)となる26週となっています。(”bud guy” も今週で26週)

2019/10/05付
変わらずトップ10をキープ。
先週は人気TV番組「エレン・ショー」に出演し、ビリー・レイ・サイラスのそっくりさんに驚かされたリル・ナズ・Xのこの曲、トップ10滞在はこれで25週目で、ビルボード史上25曲目(25位タイ)の記録となっています。

2019/09/28付
ワンランクアップでトップ10復帰。
年間チャートではほぼ間違いなく1位だと思われる(2位に約1.3倍の差をつけていると予想)この曲、これでトップ10滞在は24週(”bad guy” も今週で24週)となり、ビルボード史上33曲目(25位タイ)の記録となっています。

2019/09/14付
5位変わらず。
ビリー・レイ・サイラスが担当するヴァースの歌詞に「マリファナ」という言葉があったため、変えてもらったというリル・ナズ・Xのこの曲、トップ5はビルボード史上10曲目(7位タイ)の23週目となっています。また、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー ft. ジャスティン・ビーバーの “Despacito”(2017年、最高位1位)など3曲を抜いて8位→5位に上昇しています。

2019/09/07付
ワンランクダウンながら22週目のトップ5(10位タイ)。
VMAsではソング・オブ・ザ・イヤーを受賞したこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではリアン・ライムスの “How Do I Live”(1997年、最高位2位)と並んで10位→8位に上昇しています。

2019/08/31付
トップ3滞在週のタイ記録(21週)に一歩届かずワンランクダウン。
プロデューサーのヤング・キオの誕生日(12/3)に制作され、リル・ナズ・Xの誕生日(4/9)に1位を獲得(4/13付)したもののビリー・レイ・サイラスの誕生日(8/25)までは1位を続けることができなかったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではホールジーの “Without Me”(2019年、最高位1位)とポスト・マローン ft. 21サヴェージの “rockstar”(2017年、最高位1位)を抜いて12位→10位に上昇、トップ10入りしています。また、1位獲得を阻止した曲は1曲減って5曲となっています。

2019/08/24付
今週もセールスとストリーミングの2冠ながら2ランクダウンで20週1位ならず。
1位獲得を阻止した曲も1曲減って6曲となったこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではトニー・ブラクストンの “Un-Break My Heart”(1996年、最高位1位)、マライア・キャリーの “We Belong Together”(2005年、最高位1位)と並び17位→12位に上昇しています。

2019/08/17付
今週もセールスとストリーミングを制して記録更新となる19週目の1位。
Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではメーガン・トレイナーの “All About That Bass”(2014年、最高位1位)、ロス・デル・リオの “Macarena”(1996年、最高位1位)など4曲を抜いて21位→17位に上昇しています。

2019/08/10付
今週もセールスとストリーミングを制して記録更新となる18週目の1位。
ビルボードとはパートナー関係にある “LyricFind” では今年最も歌詞が検索されているというこの曲、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではトラヴィス・スコットの “SICKO MODE” と並んで33位→21位に上昇しています。

2019/08/03付
今週もセールスとストリーミングを制して前人未踏の17週目の1位。
ついに1位滞在週の新記録達成。同記録の更新は、マライア・キャリー&ボーイズ・II・メンの “One Sweet Day” が1996年に16週目の1位を獲得して以来、約23年ぶり。この記録もまた深い眠りに入りそうな気がします。また、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではケイティ・ペリー ft. ジューシー・Jの “Dark Horse” など3曲と並んで55位→33位に上昇しています。

2019/07/27付
今週もセールスとストリーミングを制して16週目の1位。
ついに1位滞在週の最長記録に並んだこの曲、新記録がかかった来週に注目が集まりますが、ビルボードのスタッフは5人中4人が17週以上1位を獲得すると予想しています。(21週予想:1人、18週予想:1人、17週予想:2人、16週予想:1人)また、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートでは69位→55位に上昇しています。

2019/07/20付
今週もセールスとストリーミングを制して15週目の1位。
1位滞在の最長記録を更新すべく、ヤング・サグとメイソン・ラムジーを加えたリミックス版がリリースされ、既存のバージョンは値下げされたこの曲、ビルボードは、来年のグラミーでは最優秀レコード賞の候補として無視できない存在になっていると報じています。また、Hot 100(10位以内)の順位をもとにスコア化したオールタイム・チャートではTLCの “Creep”(1995年、最高位1位)など4曲と並び69位に上昇、トップ100入りしています。

2019/07/13付
今週もセールスとストリーミングを制して14週目の1位。
14週1位はビルボード史上10曲目。今年の年間1位はほぼ手中に収めていますが、マライア・キャリー&ボーイズ・II・メンの “One Sweet Day” とルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー ft. ジャスティン・ビーバーの “Despacito” が持つ16週1位の記録も視野に入ってきており、更新できるかどうかに注目が集まります。(現時点での2位との差は100対53。15週目の1位もほぼ確実)また、リル・ナズ・Xは先日ゲイであることをカミングアウトしており、新たな支持層を得たという見方もあるようです。

2019/07/06付
セールスとストリーミングを制して13週目の1位(史上12曲目)。
ビルボード史上まれに見る圧倒的な強さで1位街道を突っ走っているこの曲、その疾走中には週間ストリーミング数(歴代1位)をはじめとする様々な記録が生まれていますが、先週は1位を阻止した曲数が(”You Need To Calm Down” が加わって)6曲となり、パーシー・フェイスの “The Theme From A Summer Place”(1960年)とブライアン・アダムスの “(Everything I Do) I Do It for You”(1991年)の5曲を上回る新記録となっています。(そして今週はその記録をさらに更新)

2019/06/29付
ストリーミングを制して12週目の1位。
12週1位はビルボード史上20曲目(連続12週は17曲目)。先週(6/21)はこの曲(オリジナル版とリミックス版の2曲)を含む8曲入りのEP “7” がリリースされ、さらに6/23には “BET Awards” でもパフォーマンスされており、それらの効果で来週も(初登場2位~5位が予想されるショーン・メンデス&カミラ・カベロの “Senorita” を抑えて)1位をキープすると思われます。

2019/06/22付
今週も圧倒的な強さでセールスとストリーミングを制して11週目の1位。
父の日には娘のノア・サイラス(女優、マイリー・サイラスの妹)からスティーヴィー・ワンダーの “Superstition”(1973年、最高位1位)をプレゼント(YouTubeのリンク?)され、喜びのツイートをしているビリー・レイ・サイラス。そのビリーが担当しているヴァース3では『帽子を脱いで、町を出て、ロックスターのような暮らしをする。新品のギターに多くの金を使う』と歌われています。(カウボーイ・ハットはいまだに被っているものの、田舎から都会に移り住み、ギターは左利き用に直してもらうため余計にお金がかかっているのは事実)

2019/06/15付
今週も圧倒的な強さでセールスとストリーミングを制して10週目の1位。
ビルボード史上40曲目の10週1位となったこの曲、リル・ナズ・Xによると、ヴァース1は「すべての荷物を積んで出発すること」、ヴァース2は「すべてがうまくいく道を進んでいたこと」が歌われており、フックの『誰も俺には何も言えない』というフレーズは、音楽をやめて大学へ戻ることを望んでいた「両親への軽いジャブ」の意味も込められているそうです。

2019/06/08付
今週もセールスとストリーミングを制して9週目の1位。
リル・ナズ・Xが西部開拓時代から現代へタイムスリップするという内容で(”Lean On” と “Cold Water” の2曲のトップ10ヒットを持つ)メジャー・レイザーのディプロなど有名アーティストやコメディアンもカメオ出演しているこの曲のビデオ、再生回数は早くも1億回を超えており、ストリーミングのポイントを押し上げています。(今週のストリーミング数は歴代5位)

2019/06/01付
セールスとストリーミングを制して8週目の1位。
先週(5/25)は都市型音楽フェスティバル「ボストン・コーリング」で(サプライズで)パフォーマンスされたこの曲、冒頭では『馬を連れ出して田舎道を行けるところまで行く』と歌われていますが、この歌詞についてリル・ナズ・Xは『最初は、親に反対されて大学を中退したので「もう家には戻れない」という心境を一匹狼のカウボーイと重ねつつ逃避行的な物語にしようと思っていた』そうで、後に『”Old Town Road” を栄光への道のシンボルとして意味を変えた』と語っています。

2019/05/25付
ストリーミングを制して7週目の1位。
ビデオがリリースされて来週の1位もほぼ確実となっているこの曲、20歳の新人ラッパーと57歳のカントリー・スターの共演となっていますが、この異色のコラボのきっかけは、オリジナル版がカントリー・チャートから外された際に(同様の経験をしている)ビリー・レイ・サイラスから送られた『お前は何か凄いことをやってるってことだ。アウトローだけが追放される。同志を歓迎だ!』というエールだったようです。

2019/05/18付
ストリーミングとセールスを制して6週目の1位。
ラジオのチャートでは4週でトップ10入り(デビュー・エントリーのアーティストの曲としては、メーガン・トレイナーの “All About That Bass” と並ぶ最速。今週は4位)しているこの曲、先週はジョン・メイヤー(「現代の三大ギタリスト」の一人で、ケイティ・ペリーの元カレ)がインスタでライブ配信している番組にリル・ナズ・Xが出演し、アコースティック・バージョンが披露されています。

2019/05/11付
ストリーミングを制して5週目の1位。
先週(4/28)はステージコーチ(カントリーのフェス)にビリー・レイ・サイラスと共に参加し、大声援で迎えられたリル・ナズ・X。この曲のパフォーマンスでは観衆が大合唱となり、カントリーのファンから絶大なる支持が得られていることを再認識させられるライブとなっています。

2019/05/04付
今週も圧倒的な強さでセールスとストリーミングを制して4週目の1位。
早くも年間1位候補と言われているものの、来週はテイラー・スウィフトの “ME!”(今週100位)にトップの座を奪われるかもしれないこの曲、フックでは『誰も俺には何も言えない』と歌われていますが、これはリル・ナズ・Xによると(快楽&物質主義の生活を捨てて)カウボーイの生活を送るなんて出来ないって言う人たちに向けた「何も言わせない」という意味と、純粋なカウボーイが自分のスタイルについて「文句言うヤツはいない」という意味の「ダブル・ミーニング」だそうで、カニエ・ウェスト(の “Can’t Tell Me Nothing” の歌詞)とは関係ないそうです。

2019/04/27付
今週も圧倒的な強さでセールスとストリーミングを制して3週目の1位。
ビリー・レイ・サイラスにとっては57歳にして初の1位獲得(1964年に “Hello, Dolly” で初めて1位を獲得した当時62歳のルイ・アームストロングに次ぐ記録)&親子で1位獲得 (娘のマイリー・サイラスは2013年に “Wrecking Ball” で1位を獲得)となったことでも話題になっているこの曲、他にもカントリーとしてはローンスターの “Amazed”(2000年)以来の1位、1:53という曲の短さは(先日記録を更新したばかりの “Sunflower” に代わって)今世紀最短のナンバーワン・ソングなど、記録づくしの曲となっています。

2019/04/20付
圧倒的な強さで2週目の1位。
ビリー・レイ・サイラス(マイリー・サイラスの父)をフィーチャーしたリミックス版のリリース効果で “Wrecking Ball”(マイリーのNo.1ソング。「巨大な鉄球」の意味)のようにチャートに大きな衝撃を与えたこの曲、週間ストリーミング数はドレイクの “In My Feelings” が保持していた記録を更新、さらに週間セールスでもドレイクの “God’s Plan” にあと一歩と迫る12万4,000ダウンロードを記録しています。また、カントリーのチャートから外されたことが話題(論争?)になっていますが、歌詞的には『旧市街まで馬を出す。田舎道を行けるところまで行く』というカントリーなものになっています。

2019/04/13付
今日(4/9)、20歳の誕生日を迎えたリル・ナズ・Xは初の1位でトップ10も初。
この曲をBGMに、カウボーイに扮してダンス等を披露する動画が “TikTok”(動画共有アプリ)で流行したことがヒットのきっかけ。「快楽主義や物質主義の生活に満足できず、カウボーイ・ライフを送る」という曲で、『(俺は)馬に乗る。お前は(馬がエンブレムになっている)ポルシェに乗ればいい』と歌われています。来週はマイリー・サイラスの父でカントリー歌手のビリー・レイ・サイラスが参加したリミックス版のリリース効果もあり、首位安泰だと思われます。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加