【解説】My Prerogative / ボビー・ブラウン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1989年の今日(1月14日)、1位を獲得した Bobby Brown(ボビー・ブラウン) の “My Prerogative” について解説しました。

ニュー・エディションの元メンバーだったボビー・ブラウンがグルーブ脱退時に受けた多くの批判に対するアンサーソング。

誰かの許可なんて必要ない
自分のことは自分で決める
それが俺の特権(マイ・プリロガティブ)

と歌われています。

決して、ホイットニー・ヒューストンとの結婚後に起こしたDVや薬物問題に対する批判へのアンサーソングではありません。

ちなみに、この曲はボビーと同じく何かと批判を受けていたブリトニー・スピアーズが2004年にカヴァーしています。

【リンク】
当時(1989/01/14)のチャート
ボビー・ブラウンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加