【解説】Human / Human League(ヒューマン・リーグ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1986年の今日(11月22日)、1位を獲得した Human League(ヒューマン・リーグ)の “Human” について解説しました。

元恋人同士の痴話喧嘩とその感情の移り変わりを見事に表現し、昨年の年間No.1になったゴティエの “Somebody That I Used To Know” を初めて聴いたとき、同種の曲として思い浮かんだのがヒューマン・リーグのこの曲です。

『君を傷つけるつもりなんてなかったんだ』
『ただ、僕を抱きしめてくれる誰かが必要だったんだ』
『僕も人間だから…間違いを犯すのが人間だよね』

と、ちょっと開き直った謝り方をする彼に対し、

『あなたを許すわ。』
『私もあなたに許してほしいの。』
『あなたがいないとき、私も人間だったから。』

と返す彼女。
この「オチ」をブリッジ部分にもってきてセリフにしている点が特に秀逸で、最後のサビを引き立てています。

ちなみに、この曲のソングライターはジミー・ジャム&テリー・ルイス。
彼らはジャネット・ジャクソンの10曲のナンバーワン・ヒットのうち “Black Cat” を除く9曲、アッシャーの “U Remind Me”、マライア・キャリーの “Thank God I Found You” などの大ヒット曲も手掛けています。

【リンク】
当時(1986/11/22付)のチャート
ヒューマン・リーグのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ななし より:

    ジャム&ルイスはほかにもBoyz Ⅱ MenやTLCもプロデュースしていてすごいと思います。
    彼らの曲はやっぱり好きですね。

  2. ななし より:

    そんなに前から活動していて、いまだジャネットをプロデュースしていると考えると、
    ほんとにすごいですね