【解説】Don’t Let Go (Love) / アン・ヴォーグ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1997年の今日(1月18日)、最高位2位を記録した En Vogue(アン・ヴォーグ) の “Don’t Let Go (Love)” について解説しました。

元銀行員の銀行強盗を描いた映画「Set It Off」の挿入歌。
どうしても1位を獲れない彼女たちにとっては3曲目となるNo.2ソング。

煮え切らない男に決断を迫る曲で、フックでは

結局どうするのよ
もう自分をごまかせないの
友達以上になりたいんじゃないの
強く抱きしめて 放さないで
あなた次第よ 放さないで

と歌われています。

また、ビデオは映画のシーンが挿入されているバージョンもありますが、添付のバージョンではアン・ヴォーグの4人全員とデートしている男が、パーティの会場でどういうつもりなのか問いただされるという内容になっています。

ちなみに、この曲は2011年に英人気オーディション番組 “X Factor” でリトル・ミックスがパフォーマンスしたことによってリバイバル・ヒットしています。

【リンク】
当時(1997/01/18)のチャート
アン・ヴォーグのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加