【解説・和訳】 Desire / U2

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

1988年の今日(11月26日)、最高位3位を記録した U2 の “Desire” を解説・和訳しました。

バンドの成功に欠かせない野心と献身についての曲で、ボ・ディドリー・ビートと呼ばれるリズムが特徴的なブルース・スタイルのロック。

ローリング・ストーンズの “Not Fade Away” という曲でも採用されているボ・ディドリー・ビートのほか、ザ・ストゥージズ(フロントマンはイギー・ポップ)の “1969” の影響を受けたというギターも印象的なこの曲は、イギリスではU2にとって初となる1位を獲得し、グラミーではベスト・ロック・パフォーマンス(デュオまたはグループ)を受賞しています。

また、ヴォーカルのボノはこの曲について、『ロックのコンサートの宗教性と信者からお金をだまし取る牧師の類似性に気が付き始めている(ことを歌詞にした)』と語っています。

【リンク】
当時(1988/11/26)のチャート
U2のヒット曲

【和訳】
Lover, I’m off the streets
I’m gonna go where the bright lights
And the big city meet
With a red guitar, on fire
Desire

恋人よ、俺は街に出る
明るく照らされた場所に行くんだ
そして大都会と出会う
赤いギターを片手に、燃えている
この欲望が

She’s the candle burnin’ in my room
Yeah, I’m like the needle
The needle and spoon
Over the counter, with a shotgun
Pretty soon, everybody’s got one
I’m in a fever, when I’m beside her
Desire
Desire

彼女は俺の部屋で燃えるキャンドル
俺はまるで針のよう
針とスプーン(※1)
(※1:スプーンの上でドラッグを熱してそれを注射針で打つ)
(薬局の)カウンター越しにジョットガンを構えれば
みんな(そんなものは)すぐ手に入る
彼女がそばにいると 俺は燃え上がるんだ
欲望
欲望

And the fever, gettin’ higher
Desire
Desire
(Burning, burning)

さらに熱は上がる
欲望
欲望
(燃える、燃える)

She’s the dollars
She’s my protection
Yeah, she’s the promise
In the year of election
Sister I can’t let you go
Like a preacher stealin’ hearts at a travellin’ show
For love or money, money, money… ?
And the fever, gettin’ higher
Desire

彼女は札束
彼女は俺のプロテクション(※2)
(※2:プロテクションはコンドームの意味もあり)
彼女は選挙の年の光明(良いことの兆候)
シスター、俺はあんたを手放さない
牧師が巡業公演で(信者の)心を盗むみたいに
愛をとるか 金をとるか、金、金、金…
さらに熱は上がる
欲望

 
0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加