【解説】A Whole New World / ピーボ・ブライソン & レジーナ・ベル

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1993年の今日(3月6日)、1位を獲得した Peabo Bryson(ピーボ・ブライソン) & Regina Belle(レジーナ・ベル)の “A Whole New World” について解説しました。

ディズニー映画「アラジン」のテーマ曲で、グラミーでは最優秀楽曲賞を受賞したポップ・バラード。

“I Will Always Love You” の15週連続1位を阻止、オスカーでは “I Have Nothing”、”Run To You” を抑えてベスト・ソングを受賞、ホイットニー・ヒューストンにとってはまさに天敵とも言えるこの曲は、前年にも “Beauty And The Beast”(美女と野獣)でオスカーを受賞しているアラン・メンケンの作曲、そしてエルトン・ジョンとの共作で “Can You Feel The Love Tonight”(ライオン・キング)を手がけているティム・ライスが作詞を担当しており、ディズニー初の全米No.1となっています。

ディズニー側はなんとしても全米No.1が欲しかったようで、この曲のシンガーにはバーバラ・ストライザンドやジョージ・マイケルなどの超大物を希望していたそうですが、ティム・ライスが「スターの力を借りずに曲自体の良さで勝負しよう」と説得したそうです。

フックでは、

全くの新しい世界
見たこともないすばらしい光景
僕達にノーと言う者は誰もいない
行き先を決める者も
夢を見てるだけと言う者も

全くの新しい世界
私が知らなかったまばゆいばかりの場所
でも今、私はそこにいる
間違いない
私は今、新しい世界にいる
あなたと一緒に

と、ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルが交互に歌っています。

ちなみに、アラジン関連の曲としては、クリスティーナ・アギレラの “Genie In A Bottle” が1999年に1位を獲得しています。

【リンク】
当時(1993/03/06)のチャート
ピーボ・ブライソンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒット好き より:

    もう名曲ですね。いろんな人にもカバーされていますし、好みの曲です。
    ホイットニーの15週目の1位阻止はすごいことですね。ディズニーの1位ってこの曲だけでしたっけ?