【解説】Oh Sheila / Ready For The World(レディ・フォー・ザ・ワールド)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1985年の今日(10月12日)、1位を獲得した Ready For The World(レディ・フォー・ザ・ワールド)の “Oh Sheila” について解説しました。

ヴォーカルはプリンス風、そして彼のプロテジェ(弟子)のシーラ・Eを思わせるタイトルが話題になった曲で、プリンスが確立したミネアポリス・サウンドのファンク。

ヴォーカルのメルヴィン・ライリーはこの曲のタイトルについて『ほとんど “Oh Lisa” で決まりかけてたけど、”Oh Sheila” のほうがサウンド的にベストだった』と語っており、シーラ・Eとの関係を完全否定していますが、明らかに「狙った」感じがします。

フック(サビ)では、

オー、シーラ
君を愛したい 朝までずっと
オー、シーラ
わかってるよね 俺が君の唯一の男になりたいってことを

と歌われており、バックビートはプリンスの “Lady Cab Driver” にインスパイアされているようです。

「プリンス・ファミリーではない」と言う彼ら、だったら「コピーバンド」ということになるのかもしれません。

【リンク】
当時(1985/10/12)のチャート
レディ・フォー・ザ・ワールドのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加