【解説】I Swear / オール・フォー・ワン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1994年の今日(5月21日)、1位を獲得した All-4-One(オール・フォー・ワン)の “I Swear” について解説しました。

ジョン・マイケル・モンゴメリーのカントリー・ヒットのカヴァーで、結婚式の定番になっているR&B。

黒人二人と白人二人の混成カルテット、オール・フォー・ワンが、美しいハーモニーで

誓うよ、大空の月と星たちにかけて
僕は誓うよ、君に付き添う影のように

と歌う結婚式にピッタリの曲で、11週連続で1位を獲得、グラミーではベスト・ポップ・パフォーマンス(デュオまたはグループ)を受賞しています。

ちなみに、この曲のプロデューサーはマイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナらの曲を手がけ、セリーヌ・ディオンを見い出し、シカゴを復活させたことでも有名なデヴィッド・フォスター。

【リンク】
当時(1994/05/21)のチャート
オール・フォー・ワンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加