【解説】Goodies / Ciara(シアラ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2004年の今日(9月11日)、1位を獲得した Ciara(シアラ) feat. Petey Pablo(ペティ・パブロ)の “Goodies” について解説しました。

処女であることがテーマになっているシアラのデビュー曲で、囁くようなヴォーカルとホイッスル・ビートが特徴的なC&B(クランクとR&Bの融合)。

フィーチャーされているペティ・パブロの “Freek-a-Leek”(フリーク・ア・リーク:いろんなSEXを試したがる女性) のアンサーソングになっているこの曲のソングライターはシアラ自身とアッシャーの “Yeah!” を書いたショーン・ギャレット(他)で、プロデューサーはリル・ジョン。

タイトルの “Goodies”(グッディーズ) とは「何かいいもの(こと)」ということですが、ここでは「処女」を想起させるセクシャルな意味で使われています。

フックでは、

きっとグッディーズが欲しいのね
あのことを考えてるんでしょ?
思わせぶりに話すから 興奮してるのね
グッディーズを探してるのなら
目を離さないことね
だってそれはビンの中にしまってあるから

と歌われていますが、これは “Goodies” と “Cookies” を掛けて、子供がビンに入っているクッキーをもの欲しそうに見つめている様子に例えた表現のようです。

ちなみに、シアラはクランクに参入した女性初のアーティスト、そして “You Light Up My Life”(1977年、10週1位)で1位を獲得したデビー・ブーン以来、デビュー曲で7週以上1位を獲得したビルボード史上2人目の女性アーティストとなっています。

【リンク】
当時(2004/09/11)のチャート
シアラのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加