【解説】Get Busy / Sean Paul(ショーン・ポール)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2003年の今日(5月10日)、1位を獲得した Sean Paul(ショーン・ポール) の “Get Busy” について解説しました。

ディーワーリー(ヒンドゥー教の新年のお祝い)・リディム(リズム)と呼ばれる手拍子が特徴的なヒップホップ風ダンスホール・レゲエ。

タイトルの “Get Busy” とは「仕事にとりかかる」という意味の他に、”have sex” という意味もあり、歌詞は

女の子たちは
ノンストップで腰を振るのに大忙し
音楽に合わせて揺らし続ける

という、セクシャルな内容になっています。

【リンク】
当時(2003/05/10)のチャート
ショーン・ポールのヒット曲

GetBusy

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加