【解説】Fallin’ / Alicia Keys (アリシア・キーズ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2001年の今日(8月18日)、1位を獲得した Alicia Keys(アリシア・キーズ) の “Fallin'” について解説しました。

付いたり離れたりの恋人との関係を歌ったゴスペルっぽいR&Bで、グラミーの最優秀楽曲賞に輝いたアリシア・キーズのデビュー作で、”No One” と並ぶ彼女の代表曲。

作詞作曲、プロデュース、ヴォーカルを一人で務めているアリシアですが、ジェームス・ブラウンの名曲 “It’s Man’s Man’s Man’s World” がサンプリングされているとの見方もあり、また冒頭のピアノはショパン風と言われています。

アリシアはこの曲について、『付き合ったり別れたり、前進したり後退したり、それが人間関係というものでしょ』と語っているように、フック(サビ)では、

私はあなたと恋に落ちたり別れたりの繰り返し
こんなふうに誰かを愛したことはなかったわ

と歌われていますが、今改めて聴くとジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスのことのように思えてしまいます。

【リンク】
当時(2001/08/18)のチャート
アリシア・キーズのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加