【解説】Eye Of The Tiger / サバイバー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1982年の今日(7月24日)、1位を獲得した Survivor(サバイバー)の “Eye Of The Tiger” について解説しました。

映画「ロッキー3」の主題曲で、苦難に向かって厳しいトレーニングをしているアスリートを描いたハードロック。

もともと同映画の主題歌はクイーンの “Another One Bites The Dust” が筆頭候補だったというのは有名な話ですが、結果的にこの曲が主題歌となって映画も大ヒット、今やスポーツ・イベントのアンセムと言える存在になっています。

立ち上がって また出直すんだ
やることをやって チャンスを掴んだんだ
最後までやり抜いて 立ち直ったんだ
男として生き残る
そう心に決めたから

という冒頭の力強い歌詞にはやる気を誘われます。

ちなみに、この曲のソングライターでキーボード担当のジム・ピートリックは、ケイティ・ペリーの “Roar”(2013年、最高位1位)が “I got the eye of the tiger, a fighter…” と歌われていることにちょっと当惑したそうですが、改めて “Eye Of The Tiger” というフレーズがタイムレスなものだということを再認識したと語っています。

【リンク】
当時(1982/07/24)のチャート
サバイバーのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加