【解説】 These Dreams / ハート

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1986年の今日(3月22日)、1位を獲得した Heart(ハート)の “These Dreams” について解説しました。

現実で困難に直面した人が入るファンタジーの世界を歌った曲で、空気のように軽く美しいメロディが印象的なパワー・バラード。

スティーヴィー・ニックスとキム・カーンズにオファーしたものの断られたというこの曲のソングライターは、スターシップの “We Built This City”(1985年、最高位1位)などを書いているマーティン・ページとエルトン・ジョンの長年のパートナーで彼の数々の名曲を書いているバーニー・トーピン。

自分たちで書いた曲を姉のアンが歌うといういつものスタイルとは違って、他人が書いた曲を妹のナンシーが歌っているこの曲は、ナンシーのファンで彼女の誕生日に白血病で亡くなったシャロン・ヘスさんに捧げる曲だそうで、バンドにとって初のナンバーワン・ヒットとなっています。

バーニー・トーピンが書いているということもあり、ヴァース1は

少しだけキャンドルをとっておいてね
私のために灯りを残しておいて欲しいの
目の前の人影が
木々の間で揺れている

と、”Candle In The Wind”(1988年、最高位6位)風のタッチになっており、元々ブリッジにする予定だったというフックでは

目を閉じると
こんな夢が見続けられるの
夜を刻む1秒1秒を別の世界で生きられるの
寒い外では眠りにつくこれの夢
目が覚めている時は遠い存在なの

と歌われています。

↓ナンシーと生前のシャロン・ヘスさん

【リンク】
当時(1986/03/22)のチャート
ハートのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加