【解説】You Give Love A Bad Name / Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1986年の今日(11月29日)、1位を獲得した Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)の “You Give Love A Bad Name” について解説しました。

「禁じられた愛」という邦題がつけられたこの失恋ソングは、ジョン・ボン・ジョヴィが当時付き合っていた女優、ダイアン・レインのことを歌ったものと言われています。

心を撃ち抜いた
君には責任がある
君は愛の名を汚したんだ

とシャウトして始まるこのフレーズがキャッチーで、サビにも使われています。
そして、

君は俺に天国のような毎日を約束しておきながら
地獄に突き落とす

君は弾が込められた拳銃そのもの
逃げ場はないし 誰も俺を救えない
もうダメージを受けちまったんだ

と続く歌詞は、まるで結婚詐欺か強盗にでもあったかのような内容になっており、楽曲的にも歌詞的にもハードロックな曲だと思います。

ちなみに、ボン・ジョヴィの元ツアー・マネージャーだったRich Bozzett著 “Sex, Drugs and Bon Jovi” によると、ジョンがダイアンと別れた原因は、ダイアンがメンバーのリッチー・サンボラと “Too close”(仲良くしすぎ)でジョンが嫉妬したからと記されています。

【リンク】
当時(1986/11/29付)のチャート
ボン・ジョヴィの全ヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加