【解説】Whatever Get You Thru The Night / John Lennon(ジョン・レノン)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1974年の今日(11月16日)、1位を獲得した John Lennon(ジョン・レノン)の “Whatever Get You Thru The Night” について解説しました。

ジョンにとってビートルズ解散後初となるNo.1ソングで、「真夜中を突っ走れ」という邦題がついている屈託のないダイナミックなロックンロール。

ジョンは『”Imagine” がナンバーワンになり、この曲が39位になるべきだというのが僕の意見だ』と話しており、本人にとってはおふざけの曲だったようですが、発売と同時にチャートを駆け上がっています。(そして駆け下りています。1位の翌週12位というのは当時の記録)

何をして夜を過ごしたっていいんだ

というタイトルにもなっているフレーズは、テレビから流れてきた黒人牧師の言葉をそのまま使ったそうです。また、

花を摘むのに刃物はいらない
 :
覚醒させるのに銃はいらない

といったジョンらしい歌詞も散りばめられており、本人も『詞はなかなか気に入っている』と語っています。

ちなみに、バックヴォーカルとピアノを担当しているのはこの曲が1位になると予言していたエルトン・ジョン。

【リンク】
当時(1974/11/16)のチャート
ジョン・レノンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加