【解説】The Heat Is On / Glenn Frey(グレン・フライ)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1985年の今日(3月16日)、最高位2位を記録した Glenn Frey(グレン・フライ) の “The Heat Is On” について解説しました。

エディ・マーフィー主演の映画「ビバリー・ヒルズ・コップ」の挿入歌で、サックスのリフが特徴的なアップテンポのエレクトロニック・ロック。

刑事ものの映画らしく、

捕まえに行くぜ お前を探し出してやる
どんな気持ちだ
いよいよ追い詰めたぞ
逃げ道はない

と歌われており、主題歌として使われたというより、映画向けに作られた曲だと思います。

ちなみに、この曲のソングライターは、同映画でエディ・マーフィー演じるアクセル・フォーリーのテーマ曲 “Axel F” もヒットさせた(最高位3位)ハロルド・フォルターメイヤー。

【リンク】
当時(1985/03/16)のチャート
グレン・フライのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加