【解説・和訳】Telephone / レディ・ガガ feat. ビヨンセ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2010年の今日(4月3日)、最高位3位を記録した Lady Gaga(レディ・ガガ) feat. Beyonce(ビヨンセ)の “Telephone” を解説・和訳しました。

もともとレディ・ガガがブリトニー・スピアーズのために書いたダンス・ポップ。

フックの『ストップ・コーリン、ストップ・コーリン…』の後に付け足された(『ポ・ポ・ポ・ポ・ポーカーフェイス』を想い起させる)『テ・テ・テ・テ・テレフォン』という部分と、矢継ぎ早でラップのようなビヨンセのヴァース、そしてアウトロの携帯が圏外の時に流れるメッセージが特徴的。

歌詞は、彼からの電話を着拒するという内容で、『今さら電話もらっても』という部分からも失恋ソングのようにも思えますが、実際には仕事関係の電話ばかりで『窒息しそうな恐怖を感じた』ことから着想を得てできた曲だそうです。

ある意味、”Paparazzi”(パパラッチ) の続編と言えるかもしれません。

【和訳】
[Verse 1]
もしもし 電話くれた?
よく聞こえない
ここ 圏外みたい クラブだから
何て言ったの? 電波が切れそう
ごめん 聞こえないし
ちょっと忙しいのよ

ちょ ちょっと忙しいの
ちょ ちょっと忙しいの

これから好きな曲がかかる
ドリンクも持ってるし
メールも打てないから
最初から私を誘えばよかったのよ
今さら電話もらっても 忙しいの

[Hook]
もう電話してこないで 何も考えたくない
頭と心はダンスフロアよ
もう電話してこないで 何も話したくない
頭と心はダンスフロアよ

[Post-Hook]
電話してこないで
 :

【リンク】
当時(2010/04/03)のチャート
レディ・ガガのヒット曲
ビヨンセのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加