【解説】(Just Like) Starting Over / John Lennon(ジョン・レノン)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今からちょうど30年前の8月4日、John Lennon(ジョン・レノン)が妻のヨーコと共にニューヨークのスタジオで「Double Fantasy」のレコーディングを開始しています。

息子のショーンの育児の為に音楽活動から放れていたジョンにとっては6年ぶりのレコーディングで、このアルバムは男女の会話という意図からジョンとヨーコの曲が半分ずつ交互に収録されています。

最初にシングルカットされた"(Just Like) Starting Over"は、ビルボード・シングルチャートで5週間1位を記録してビートルズ解散後のジョンの最大のヒットとなりました。

"Starting Over"とは「やり直す」という意味なのですが、皮肉にも、まさに音楽活動をやり直した直後にジョンは凶弾に倒れ、このアルバムが彼の遺作になってしまいました。

ちなみに、このアルバムのジャケットになっている二人のキスシーンは篠山紀信によって撮影されています。

【リンク】
ジョン・レノンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加