【解説】Runnin’ (Dying To Live) / 2パック

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

2003年の今日(12月20日)、最高位19位を記録した 2Pac(2パック) feat. Notorious B.I.G.(ノトーリアスB.I.G.)の “Runnin’ (Dying To Live)” について解説しました。

対立の末、共に銃で撃たれ死に至った二人のコラボ曲。この組み合わせを実現させたのは(プロデュースした)エミネム。

タイトルは「(警察から)逃げる」、サブタイトルは「生きるために死ぬ」という意味で、ギャングスタ・ライフ(ギャング同士の抗争)でいつも死と隣り合わせだった人生が歌詞になっています。

曲の冒頭は実際に行われたこんなインタビューから始まります。

[MTVのインタビュアー]
あなたとビギー(ノトーリアスB.I.G.の愛称)の関係は…
言わば、誰が黒人王国を支配しているのか… そういうことですよね?
誰が選ばれるのか… みたいな?

[2パック]
違うって
俺とビギーとの関係はそんな大げさなことじゃないんだ
俺とヤツは 言うならば…

[レポーター]
「トゥパック・シャクール(2パックの本名)が銃撃され胸部に7発被弾しました」

[2パック]
俺がムショにブチ込まれた時、野郎どもが口々に言うんだ
「分かんねぇのか?ビギーだよ! 誰がお前を撃ったのか?」
そうだったら俺はヤルしかないわけさ
だから俺はヤツらを徹底的に叩くんだ

そして、曲のフック(サビ)へと続きます。

俺が死んでも ヤツらが笑うだけ

闘うために生きているとしたら
なぜ生きるために闘わなくてはならないのか

先には何もないのに
なぜ見ようとしているのだろうか

誰も機会さえ与えてくれないのに
なぜ俺は与えようとしているのか

死ぬために生きているとしたら
なぜ生きるために死ななくてはならないのか

【リンク】
当時(2003/12/20)のチャート
2パックのヒット曲
ノトーリアス・B.I.G.のヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加