【解説】Notorious / Duran Duran(デュラン・デュラン)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1987年の今日(1月10日)、Duran Duran(デュラン・デュラン)の “Notorious” が最高位2位まで上昇しています。

バンドを脱退したアンディとロジャーに向けた当てこすりと思われる曲で、アイドルからの脱却を印象付けるニューウェーブ・ファンクロック。

ジョン・テイラーは『生き残りの曲』、サイモン・ル・ボンは『衣装やメイクよりも曲自体に注力した』と語っているように、3人になったデュラン・デュランのまさにターニング・ポイントとなった曲と言えると思います。

お前らの胸くそ悪い判断なんかそっちのけ
俺たちの生命線は彼らだなんて誰が言った?
お前らは証人だって買収する
お前は冷遇されてたって言ってるみたいだけど
そんなの知ったことじゃない
お前らは自分を正当化するために大金を使う
ウソじゃないなんて信じねえ
だから俺は何度もこう言ってやってるんだ

悪名高いやつら…

という、サイモンが書いた怒りすら感じる歌詞はハリソン・フォードの映画でのセリフが引用されているようです。

ちなみに、この曲のビデオで踊っているダンサーの振り付けをしたのはポーラ・アブドゥル。

【リンク】
当時(1987/01/10)のチャート
デュラン・デュランのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加