【解説】Missing You / John Waite(ジョン・ウェイト)

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1984年の今日(9月22日)、1位を獲得した John Waite(ジョン・ウェイト)の “Missing You” について解説しました。

ヴァースとブリッジでは別れた妻への未練を吐露しつつ、フックでは『君のことなんかちっとも恋しくない』と強がっているソフトロック。

妻をイギリスに残してレコード会社との契約のため拠点をニューヨークに移したジョンが、その気落ちして沈んだ気持ちをカプセル化し、情熱的かつ感傷的に繰り返す

僕は淋しくなんかない
君のことなんかちっとも恋しくないさ

というフレーズがとても印象的です。
また、本人も語っていますが、

電話線に込めたメッセージがある
 :
そして今夜、僕の気持ちはこの長距離電話をためらってしまう

と歌われているように、妻への電話をためらってしまう自分気持ちがこの曲のインスピレーションになったようです。

ちなみに、ジョン・ウェイトはこの後、二-ル・ショーン、ジョナサン・ケインらとともにバッド・イングリッシュを結成、”When I See You Smile” でも1位を獲得しています。

【リンク】
当時(1984/09/22)のチャート

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加