【解説】Life In A Northern Town / ドリーム・アカデミー

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1986年の今日(2月22日)、最高位7位を記録した The Dream Academy(ドリーム・アカデミー)の “Life In A Northern Town” について解説しました。

当時の音楽の潮流とは一味違ったサウンドで、北の街に住む人たちの日常を描いたドリーム・ポップ。

みんな石畳の地面に座って
一人がタバコを取り出して
他のみんなは彼の話を聴く
「1963年の冬は…」
「世界が凍りついたみたいだった」
「ジョン・F・ケネディとビートルズのせいでね」
  :
ヘイ・マ・マ・マ 北の街の暮らし
ヘイ・マ・マ・マ 仕事はみんな無くなったんだ

と歌われており、ヴァースの繊細なヴォーカルとは対照的に、サビでは「ヘイ・マ・マ・マ」という祈りを捧げるような掛け声とティンパニーのサウンドがフォルティッシモ(強弱法の「非常に強く」)になっているのが印象的です。

ちなみに、この曲のタイトルは当初 “Morning Lasted All Day” になる予定だったものの、親交のあったポール・サイモンにダメ出しされたそうです。

【リンク】
当時(1986/02/22)のチャート

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加