【解説】I Knew I Loved You / サヴェージ・ガーデン

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2000年の今日(1月29日)、1位を獲得した Savage Garden(サヴェージ・ガーデン)の “I Knew I Loved You” について解説しました。

ずっと探し求めている運命の人がテーマになっているラブソングで、甘いヴォーカルが印象的なアダルト・コンテンポラリー。

ヴォーカルのダレン・ヘイズによると、プロデューサーに『今回のアルバムは(前作のアルバムに収録されNo.1ヒットとなった)”Truly Madly Deeply” が入っていないからビッグヒットにはならない』と指摘され、急遽書き上げてアルバムに加えた曲だそうで、その甲斐あってアルバムも300万枚超のセールスを記録する大ヒットとなっています。

フックでは、赤い糸ならぬ赤い鎖を確信していたかのように

出会う前から
君を愛することは分かってたんだ
君が現れることを夢見てた
ずっと待ち続けていたんだ

と歌われていますが、彼らはこの曲を作る前からこの曲が結婚式の定番になることがわかっていたのかもしれません。

ちなみに、ビデオでダレン・ヘイズの相手役を演じているのは、後に映画「スパイダー・マン」や「マリー・アントワネット」に出演してブレイクした女優のキルスティン・ダンスト。

【リンク】
当時(2000/01/29)のチャート
サヴェージ・ガーデンのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒット好き より:

    truly madly deeplyもいいですが、
    こちらの曲もホントに素晴らしいと
    思います。
    一時期よく聞いていたんで、懐かしいです。
    ただサヴェージガーデンはこの後解散してしまったのが、非常に惜しかったですね。

    • アメリカで成功した数少ないオーストラリア出身のアーティストですから、そういう意味でも解散は残念でしたね。
      この後、ゴティエが “Somebody That I Used To Know” で1位を獲得するまでオーストラリア人は12年も1位になれなかったし…