【解説・和訳】 Don’t Let Me Down / ザ・チェインスモーカーズ ft. デイア

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2016年の今日(7月16日)、最高位3位を記録した The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) feat. Daya(デイア)の “Don’t Let Me Down” を解説・和訳しました。

17歳のデイアがハスキーヴォイスで「がっかりさせないで」と嘆くように歌う曲で、シンセサイザーによるパルス音とダブルタイム(拍子を2倍に刻むこと)のテンポが特徴的なトラップっぽいダンス・ポップ。

ソングライターはザ・チェインスモーカーズのアンドリュー・タガート、最近ではデュア・リパの “New Rules” を手がけているエミリー・ウォーレン、”Treat You Better” などショーン・メンデスの曲を中心に書いているスコット・ハリスの3人。

ヴァース2がヴァース1の半分の長さになっており、若干手抜きな感じもするこの曲ですが、デイアの力強いヴォーカル、冒頭の哀愁漂うギターのループ、フック後半の「トラップ・モード」に移行する部分はなかなか印象的で、最高位3位以下の曲としてはリアル・マッコイの “Another Night” と並びビルボード史上最長となるトップ10滞在23週を記録、ビデオの再生回数も10億回を超え、この年の年間チャートでも8位の大ヒットとなっています。

【リンク】
当時(2016/07/16)のチャート
ザ・チェインスモーカーズのヒット曲
デイアのヒット曲

【和訳】
[Verse 1]
壁にぶつかって
今すぐに奇跡が必要なの
さあ、急いで
私には奇跡が必要なの
立ち往生して手を伸ばす
あなたの名を呼ぶけど 見当たらない

[Hook]
あなたが必要
あなたが必要 今すぐに
そう、あなたが必要 今すぐに
だから私を 私をがっかりさせないで
もう正気を失いそう
思い込みよね
ダーリン 願っているの
一番必要なときに
あなたがいてくれたらと
私をがっかりさせないで
がっかりさせないで

[Post-Hook]
私をがっかりさせないで
私をがっかりさせないで
私をがっかりさせないで

[Verse 2]
もう時間切れ
あなたが味方だと本気で思っていた
でも もう誰も私の味方じゃない

[Hook]

[Post-Hook]

[Bridge]
もう正気を失いそう
もう正気を失いそう

[Hook]

[Outro]
私をがっかりさせないで
 :
 :

【ビルボード Hot 100 トップ10解説より】
2016/10/22付
史上32曲目となる23週目のトップ10。最高位3位以下の曲としてはリアル・マッコイの “Another Night” 以来、22年ぶり2曲目となります。

2016/10/15付
2ランクダウン。
哀愁漂うギターのループとフック後半の「トラップ・モード」に移行する部分が特徴的なこの曲、トップ10滞在はビルボード史上40曲目となる22週となっています。

2016/10/08付
2ランクダウン。
先週は iHeartVillage(iHeartRadio主催のミュージック・フェスティバル)でパフォーマンスされたこの曲、これでトップ10滞在はビルボード史上57曲目となる21週。リアル・マッコイの “Another Night” が記録した最高位3位以下でのトップ10最長滞在記録23週にあと2週と迫っています。

2016/10/01付
こちらも変わらずトップ5をキープ。
ついに20週目のトップ10となったこの曲、これはビルボード史上73曲目で、最高位3位以下の曲としてはアヴィーチーの “Wake Me Up!”(2013年、最高位4位、トップ10滞在21週)以来6曲目。年間チャートのトップ10入りも当確だと思われます。

2016/09/24付
変わらずトップ5をキープ。
そろそろトップ10陥落かと思いきや、先週は2ランクアップでちょっとしたサプライズだったこの曲、アッシャーがカヴァーしたことが追い風になっているようです。

2016/09/17付
2ランクアップでトップ5復帰。
「死んだふり」で一度は8位まで下がったこの曲、トップ10は18週目でこれは1位になっていない曲としてはショーン・メンデスの “Stitches” 以来、ビルボード史上50曲目となっています。

2016/09/10付
再上昇でワンランクアップ。
17週目のトップ10。これは今年6曲目で1位になっていない曲としては今年初。以前この曲の年間トップ10入りは厳しいとコメントしましたが、今後の粘りによってはあるかもしれません。

2016/09/03付
変わらずトップ10をキープ。
16週目のトップ10ですが、これは今集計期間(昨年12月から)では7曲目で大善戦。ちなみに来週もトップ10をキープできればデザイナーの “Panda” と並びます。

2016/08/27付
2ランクダウン。
今年の曲としてはルーカス・グラハムの “7 Years”、フィフス・ハーモニーの “Work From Home” と並びトップ10滞在15週となったこの曲、15週以上は今年9曲目ですが、集計期間の締めまで残り3ヶ月(11月まで)となった年間チャートでのトップ10入りは難しいと思われます。(※今までのHOT100でのランクと主要3チャートでのポイントもとにした私個人の予想です)

2016/08/20付
変わらず6位。
Googleで “Don’t Let Me Down” と検索するトップに表示されるようになったこの曲、ビートルズを知らない若い世代の人たちにとっては違和感がないかもしれませんが、オールドファンにとっては「異議あり」かもしれません。

2016/08/13付
同じくワンランクダウンでトップ5から陥落。
毎年、巧妙なキャッチフレーズを付けて「最高」とアピールするボジョレー・ヌーボーのように、チェインスモーカーズの二人が『”Roses” と同じく最高の出来』というこの曲、ただ評論家たちには『デイアの貢献度が高い曲』と評されています。

2016/08/06付
変わらずトップ5をキープ。
トップ10は12週目で、これはEDMとしてはデヴィッド・ゲッタ feat. アッシャーの “Without You” に並ぶ記録で、これより上は同じくデヴィッド・ゲッタ feat. エイコンの “Sexy Chick”(13週)、アヴィーチーの “Wake Me Up”(21週)、リアーナ feat. カルヴィン・ハリスの “We Found Love”(23週)のみとなっています。

2016/07/30付
2ランクダウン。
YouTubeでの再生回数が1億回を超えたこの曲のビデオ、5,000万回に達するまでには約3ヶ月を要したものの、それから1億回まではわずか3週間で到達しており、注目度が急激に上がったことを示しています。

2016/07/23付
10週目のトップ10で最高位キープ。
『壁にぶつかって 今すぐに奇跡が必要なの』という歌い出しで始まるこの曲、トップ3の壁は越えましたが、1位獲得という奇跡(?)が起こる可能性は低いと思われます。

2016/07/16付
ワンランクアップでトップ3入り。
先週はFacebook上でライブを行ったデイア、アコースティック・バージョンでこの曲をパフォーマンスし、約9,000人から「いいね!」を集めています。

2016/07/09付
こちらも変わらずで最高位をキープ。
YouTubeでの再生回数は前作の “Roses”(約5,000万回)を上回ったものの、出世作の “#SELFIE”(4億4,000万回)には遠く及ばないこの曲のビデオ、サウンドがトラップ・モードになるとチェインスモーカーズの二人が乗っている車が大きくバウンドして、最後は車から放り出されて空中に浮遊したままになるという内容になっています。(「私を落とさないで」という意味にもとれるタイトルと掛けているのかも)

2016/07/02付
変わらずで最高位をキープ。
前作の “Roses” を上回る7週目のトップ10。サウンド的には冒頭の哀愁漂うギターのループと、フック後半の「トラップ・モード」に移行する部分が特徴的な曲。

2016/06/25付
主要3チャート全てでポイントアップして最高位更新。
ヴァース2がヴァース1の半分の長さになっているこの曲、(その部分は)若干手抜きな感じもしますが、弱冠17歳のデイアの何かを呼び起こすような力強いヴォーカルはなかなかいいと思います。

2016/06/18付
こちらも最高位をキープ。
『がっかりさせないで』というこの曲、ライブでは(デイアを帯同しないため)シンガー不在、チェインスモーカーズの二人は走り回るだけで「がっかりした」という声も少なくないようです。

2016/06/11付
こちらもワンランクアップで最高位更新。
8月開催のサマーソニック2016で来日が決まったチェインスモーカーズ、この曲を含めてヴォーカルは全て「レンタル」ということもあってか、彼らの日本公式サイトには『どのようなパフォーマンスで日本の観客を魅了してくれるか、今から期待が高まっています』と記載されています。

2016/06/04付
ワンランクアップで最高位更新。
シンセサイザーによるパルス音と、デザイナーの “Panda” と同じくダブルタイム(拍子を2倍に刻むこと)のテンポが特徴的な曲。

2016/05/28付
変わらずで最高位キープ。
この曲がトップ10入りしたことに対して『スーパーに誇りに思う』と語っているチェインスモーカーズ。続けて『今まで書いたりプロデュースしてきた曲の中でもベスト。みんなブッ飛ぶだろうな。”Roses” もよかったけど、それともだいぶ違うから。』とコメントしています。

2016/05/21付
チェインスモーカーは2曲目、デイアは初となるトップ10。
17歳のデイアがハスキーヴォイスで「がっかりさせないで」と嘆くように歌うトラップっぽいダンス・ポップ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(承認後に表示されます)

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA