ビルボード Hot 100(2021/04/24付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2021/04/24付 ビルボード Hot 100 トップ10解説

1位アップ (先週-位、最高位1位)
Polo G(ポロG) – RAPSTAR
ポロGは2曲目のトップ10で初の1位獲得。
ストリーミングを制して初登場1位。ラップスターとしてリッチな生活を送っていてもハッピーではない現状を嘆く曲。ヴァース1では『俺の話し相手になるビッチはSiriだけだ』とラップされています。


2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
Lil Nas X(リル・ナズ・X) – MONTERO (Call Me By Your Name)
セールスを制して2位をキープ。
再生回数は早くも1億5000万回に到達しようとしているこの曲のビデオ、ポールダンスをしながら地獄に堕ち、サタンと際どいダンスをしたあとに殺して角を奪うというという内容になっています。


3位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
Silk Sonic(シルク・ソニック) (Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) & Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)) – Leave The Door Open
ラジオを制したものの2ランクダウン。
チャートポイントは先週比約9%減で1週で1位陥落となってしまったこの曲、ブルーノ・マーズのヒット曲ランキングでは “Lighters”(2011年、最高位4位)、”The Lazy Song”(2011年、最高位4位)、”Please Me”(2019年、最高位3位)の3曲を抜いて12位に上昇しています。
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – ヒット曲ベスト20(更新)


4位右下矢印 (先週3位、最高位1位)
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) feat. Daniel Caesar(ダニエル・シーザー) & Giveon(ギヴォン) – Peaches
今週もワンランクダウンでトップ3から陥落。
ピーチカラーのコスメを使ってメイクをする「ピーチメイクアップチャレンジ」の着想元となった(仕掛け人はジャスティンの妻のヘイリー)この曲、チャートイン4週で1位~4位の全ての順位に滞在したビルボード史上初の曲となっています。
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20


5位右上矢印 (先週6位、最高位4位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – Save Your Tears
ワンランクアップで2度目のトップ5復帰。
チャートポイントは先週比約1%の微増。アリアナ・グランデをフィーチャーしたリミックス版がリリースされることが判明しており、再来週(5/8付)は少なくとも最高位更新、1位獲得も期待できるかもしれません。
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – ヒット曲ベスト20


6位右上矢印 (先週7位、最高位5位)
Dua Lipa(デュア・リパ) feat. DaBaby(ダベイビー) – Levitating
こちらもワンランクアップ。
トップ10滞在はこれで15週となったこの曲、5週連続7位(連続7位のタイ記録)とはなりませんでしたが、今年度のチャートポイントの合計(=現時点での2021年の年間チャート)では今のところ7位だと思われます。

7位アップ (先週-位、最高位7位)
Doja Cat(ドジャ・キャット) feat. SZA(シザ) – Kiss Me More
ドジャ・キャットは3曲目、シザは4曲目のトップ10。
寝室でのより親密な行為につながるキスがテーマになっている官能的な曲。フックでは『もっとキスしてくれない?私たち若いし何も失うものはないんだから』と歌われています。


8位右下矢印 (先週4位、最高位1位)
Cardi B(カーディ・B) – Up
4ランクダウンで2度目のトップ5陥落。
トップ10滞在はこれで10週目。実は便秘にインスパイアされたものであることを明かしているカーディ・Bのこの曲、「上昇してキープする」というフレーズは「うんちが上に行って落ちて(出て)こない」というのが元々の意味だそうです。
Cardi B(カーディ・B) – ヒット曲ベスト20


9位右下矢印 (先週5位、最高位1位)
Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ) – drivers license
こちらも4ランクダウンでトップ5から陥落。
17歳のオリヴィアが元カレと運転免許を取ることばかり話していたことを回想しているこの曲、トップ10内の駐車許可証はそろそろ期限切れになりそうです。


10位右矢印 (先週10位、最高位10位)
Masked Wolf(マスクド・ウルフ) – Astronaut In The Ocean
深く落ち込んだ状態を宇宙飛行士がプールで無重力の訓練するときに例えているこの曲、タイトルに “Ocean” が付く曲としてはDNCEの “Cake By The Ocean”(2016年、最高位9位)以来、ビルボード史上2曲目のトップ10ヒットとなっています。

現時点での来週(2021/05/01付)のトップ10予想
1位 (=) RAPSTAR
2位 (+1) Leave The Door Open
3位 (+1) Peaches
4位 (-2) MONTERO (Call Me By Your Name)
5位 (+1) Levitating
6位 (-1) Save Your Tears
7位 (=) Kiss Me More
8位 (+2) Astronaut In The Ocean
9位 (NEW) Solid / ヤング・サグ&ガンナ ft. ドレイク
10位(-2) Up

以上、最新のトップ10紹介でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加