ビルボード Hot 100(2017/12/30付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017/12/30付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) and Beyonce(ビヨンセ) – Perfect
今週もセールスを制して2週目の1位。
12/7にMBE勲章(5等勲位の大英帝国勲章)が授与されたエド・シーランと “Queen Bey” ことビヨンセのデュエットとなったこの曲、クリスマス・シーズンにピッタリのスキー場でのロマンスが描かれているビデオは今週も1週間で5000万回以上再生されており、YouTubeにアップされている全ビデオの中で1位となっています。
Beyonce(ビヨンセ) – ヒット曲ベスト20(更新)


2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
Post Malone(ポスト・マローン) feat. 21 Savage(21サヴェージ) – rockstar
ストリーミングを制して2位をキープ。
若干20歳のプロデューサー、タンク・ゴッドも『驚いた』と言うほどの大ヒットになったこの曲、ポスト・マローン自身も同じように感じているようで、先日(12/10)収録されたナードゥアー(ミュージシャン兼ジャーナリストでラジオ番組も持つ面白オジサン)のインタビューでは『(デビュー・シングルの)”White Iverson” を超えたとは思っていない』と語っています。
【解説・和訳】Rockstar / ポスト・マローン ft. 21サヴェージ


3位右矢印 (先週3位、最高位2位)
Camila Cabello(カミラ・カベロ) feat. Young Thug(ヤング・サグ) – Havana
こちらはラジオを制してトップ3をキープ。
大晦日にN.Y.のタイムズ・スクウェアで開催される “Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve” にニック・ジョナスらと共に出演することが決まっているカミラ・カベロ、この曲をパフォーマンスすると思われますが、昨年は音響トラブルによりマライア・キャリーが醜態をさらした(口パクがバレて歌うのをやめ、観客に背を向けてステージを下りた)舞台だけに注目が集まっているようです。


4位右矢印 (先週4位、最高位3位)
Lil Pump(リル・パンプ) – Gucci Gang
変わらず4位。
ワーナー・ブラザーズと契約して一時金の約3900万円を受け取ったまだ17歳のリル・パンプのこの曲、ビデオはL.A.の大司教区が管理するカトリックの小学校で撮影されていますが、未成年が酒は飲む、マリワナは吸う、ドラッグもやるというやりたい放題の内容になっていることで、今になって使用許可を出した学校側との間で大問題になっているそうです。


5位右矢印 (先週5位、最高位4位)
Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ) – Thunder
こちらも変わらずでトップ5をキープ。
ビルボードの2017年「トップ・ロック・アーティスト」に選ばれたイマジン・ドラゴンズのこの曲、ジャンル的にはiTunesでは「オルタナティブ」とされていますが、「シンセ・ポップ」としている音楽誌や評論家も少なくないようです。

6位アップ (先週15位、最高位6位)
Migos(ミーゴス), Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ) & Cardi B(カーディ・B) – MotorSport
ミーゴスは2曲目、ニッキー・ミナージュは15曲目、カーディ・Bは3曲目となるトップ10。
オフィシャル・ビデオがリリースされて急上昇。ミーゴスは所有するスポーツ・カーのコレクション自慢、そしてニッキー・ミナージュとカーディ・Bはスポーツ・カーのレースのように敵対する相手と競争することについてラップしている曲。


7位右下矢印 (先週6位、最高位4位)
Sam Smith(サム・スミス) – Too Good at Goodbyes
ワンランクダウン。
タイトルに “Goodbye” が付く曲としてはクリス・ブラウンの “Say Goodbye”(2006年、最高位10位)以来のトップ10ヒットとなったこの曲、トップ10滞在週ではボーイズ・II・メンの “It’s So Hard To Say Goodbye To Yesterday”(1991年、最高位2位)と並び最長となる11週となっています。


8位右矢印 (先週8位、最高位8位)
Halsey(ホールジー) – Bad At Love
変わらず最高位をキープ。
ホールジーが失恋中にチョコレート・チップ・クッキー付きのアイスクリームを食べながら書いたという、恋愛下手な自分を投影した曲。

9位アップ (先週11位、最高位9位)
Mariah Carey(マライア・キャリー) – All I Want For Christmas Is You
マライア・キャリーは28曲目となるトップ10。
1994年のリリース当時は「自分のイメージを壊す」としてクリスマス・ソングを嫌がり、用意されたサンタの赤いドレスを見て『私をコニー・フランシスにするつもり?』と怒ったというマライアの世界中で1600万枚のセールスを誇る最大のヒット曲。


10位右下矢印 (先週7位、最高位7位)
G-Eazy(ジー・イージー) feat. A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー) & Cardi B(カーディ・B) – No Limit
3ランクダウンで最高位から陥落。
辛うじてトップ10はキープしたこの曲、先週フレンチ・モンタナとジューシー・Jによるリミックス版がリリースされており、来週もトップ10圏内に残る可能性は十分にあると思われます。

以上、最新のトップ10紹介でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加