ビルボード Hot 100(2017/05/27付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017/05/27付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右上矢印 (先週3位、最高位1位)
Luis Fonsi(ルイス・フォンシ) & Daddy Yankee(ダディ・ヤンキー) feat. Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Despacito
ルイス・フォンシ、ダディ・ヤンキーは初、ジャスティン・ビーバーは5曲目の1位。
セールスとストリーミングを制したこの曲、スペイン語の曲としては1996年の年間1位に輝いたロス・デル・リオの “Macarena” 以来、約20年9か月ぶりのヌメロ・ウノ(ナンバー・ワン)。また、ジャスティン・ビーバーは2回目(ビートルズ、アッシャーに次いで3組目)、ビルボード史上では16回目となる自分自身の曲に代わっての1位獲得で、2週連続で新たな1位獲得曲を輩出した史上初のアーティストとなっています。

※これで男性アーティストによる1位獲得は約29年ぶりとなる8曲連続。(最長は17曲連続)
※4週で4曲のNo.1ソングが誕生したのは約27年ぶり。(その時は7週で7曲)

2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – That’s What I Like
今週もラジオを制して2位をキープ。
#DanceWithBruno のハッシュタグ付きで投稿されているビデオを編集した “Best Of #DanceWithBruno” が公式アカウントからリリースされたこの曲、ブルーノのヒット曲ベスト10では “Nothin’ On You” と “When I Was Your Man” を抜いて5位まで上昇しています。
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – ヒット曲ベスト10(更新)


3位右下矢印 (先週1位、最高位1位)
DJ Khaled(DJキャレド) feat. Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー), Quavo(クエヴォ), Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー) & Lil Wayne(リル・ウェイン) – I’m The One
セールス53%減で1週でトップから陥落。
YouTubeでの再生回数は早くも1億回を超えたこの曲のビデオ、フィーチャーされているクエヴォが所属するミーゴスのメンバー、オフセットとテイクオフもカメオ出演しています。
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20(更新)


4位右上矢印 (先週5位、最高位1位)
Ed Sheeran(エド・シーラン) – Shape Of You
再上昇でワンランクアップ。
ビデオの再生回数が10億回を超えたこの曲、トップ10での順位をスコア化したオールタイム・ランキングではファレルの “Happy” と並び26位まで上昇しています。
【解説・和訳】Shape Of You / Ed Sheeran(エド・シーラン)


5位右下矢印 (先週4位、最高位1位)
Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) – Humble.
今週もワンランクダウン。
以前、オバマ前大統領にホワイトハウスに招かれているケンドリック・ラマー、ヴァース2では、”Obama just paged me, ayy”(オバマは俺を呼び出したんだ)の前に “I blew cool from AC, ayy”(俺はエアコンからクール(な風)を吹かせた)とラップされていますが、”AC, ayy” はACA(医療保険制度改革)のことで、通称「オバマケア」と掛けた言葉遊びになっているようです。

※上位5曲が全て1位獲得曲となるのは2017/02/04付のチャート以来。

6位右上矢印 (先週7位、最高位5位)
Future(フューチャー) – Mask Off
再上昇でワンランクアップ。
5/5にオフィシャル・ビデオがリリースされたこの曲、そのビデオでフューチャーと車の中でイチャついているのは、カニエ・ウェストの元カノでウィズ・カリファの前妻、またマシンガン・ケリーの元カノとしても知られているモデルのアンバー・ローズ。ちなみに、フューチャーの元カノ(元婚約者)は彼の子供も産んでいるシアラ。


7位右下矢印 (先週6位、最高位3位)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ) & Coldplay(コールドプレイ) – Something Just Like This
ワンランクダウン。
トップ10はこれで10週目。ダンス/エレクトロニックのチャートでは9週連続1位となっているこの曲、ポップ・ソングのチャートでも1位を獲得しており、コールドプレイは “Yellow”(2001年、HOT100での最高位は22位)以来、同チャートで16年ぶり(最長間隔)のナンバーワンとなっています。


8位右上矢印 (先週9位、最高位8位)
Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート) – XO TOUR Llif3
ワンランクアップで最高位復帰。
歌詞には出てこないこの曲のタイトル、”Llif3″ と書いて「ライフ」と読むそうですが、なぜこのスペルになっているのかについては不明かつネットでも特に話題になっていないようです。


9位アップ (先週11位、最高位7位)
Zedd(ゼッド) feat. Alessia Cara(アレッシア・カラ) – Stay
3週ぶりにトップ10復帰。
“Clarity”(2013年、最高位8位)、”Stay The Night”(2014年、最高位18位)、”I Want You To Know”(2015年、最高位17位)と同じくエレクトロ・ビートにベース・ドロップ(ダブステップの特徴であるドラムとベースのサウンド)、そして女性ヴォーカルというゼッドの「勝利の方程式」が使われているEDM。


10位右下矢印 (先週8位、最高位4位)
KYLE(カイル) feat. Lil Yachty(リル・ヨッティ) – iSpy
2ランクダウンもトップ10はキープ。
Instagramで「いいね!」をあまりゲットしていない女の子が狙い目という内容の歌詞で多くの「いいね!」をゲットしたこの曲、トップ10からは今週でお別れかもしれません。

以上、最新チャートのトップ10でした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. かぜ より:

    すごい!分かりやすい!詳しくありがとうございます!