ビルボード Hot 100(2016/12/03付) トップ10解説

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2016/12/03付 ビルボード Hot 100 トップ10解説



1位右矢印 (先週1位、最高位1位)
Rae Sremmurd (レイ・シュリマー) feat. Gucci Mane(グッチ・メイン) – Black Beatles
今週も主要チャート2冠で2週目の1位。
マネキンチャレンジの影響で54万ストリーミング/週という驚異的(通常は30万でも圧勝レベル)なストリーミング数を記録。50万ストリーミング超えはアデルの “Hello” が61.6万ストリーミングを記録して以来の大台突破だそうです。
【解説・和訳】 Black Beatles / レイ・シュリマー feat. グッチ・メイン


2位右矢印 (先週2位、最高位1位)
The Chainsmokers(チェインスモーカーズ) feat. Halsey(ホールジー) – Closer
ラジオを制して2位キープ。
日曜日に開催されたAmerican Music Awards(以下、AMA)でこの曲をパフォーマンスしたチェインスモーカーズとホールジー、ヴォーカルのアンドリュー・タガートとホールジーの「化学反応」はMTV Video Music Awards の時よりは小さ目だったと評されています。
【解説・和訳】Closer / チェインスモーカーズ feat. ホールジー


3位右矢印 (先週3位、最高位2位)
The Weeknd(ザ・ウィークエンド) feat. Daft Punk(ダフト・パンク) – Starboy
値下げでセールスの伸び率が1位でトップ3をキープ。
AMAでは “Artist Of The Year”、”Favorite Male Artist (Pop/Rock)”、”Favorite Male Artist (Soul/R&B)” にノミネートされていたザ・ウィークエンド、受賞は逃したもののスーパーマンの秘密基地「孤独の要塞」の中で行ったこの曲のパフォーマンスは好評だったようです。
【解説・和訳】 Starboy / ザ・ウィークエンド ft. ダフト・パンク


4位右上矢印 (先週7位、最高位4位)
Ariana Grande(アリアナ・グランデ) feat. Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ) – Side To Side
3ランクアップでトップ5入り。
AMAでは “Artist Of The Year” を受賞したアリアナ、ニッキーとともにこの曲をパフォーマンスし、こちらもビルボードからは最高(16パフォーマンス中1位)の評価を得ています。


5位右下矢印 (先週4位、最高位2位)
Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ) – Heathens
ワンランクダウンながらトップ5はキープ。
AMAでは “Artist Of The Year” は逃したものの “Favorite Duo or Group (Pop/Rock)” と “Favorite Artist (Alternative Rock)” の2冠に輝いたトゥエンティ・ワン・パイロッツ、この曲と “Stressed Out” をメドレーで披露したパフォーマンスも素晴らしく、ビルボードは16パフォーマンス中2位という評価をしています。


6位右矢印 (先週6位、最高位5位)
Bruno Mars(ブルーノ・マーズ) – 24K Magic
変わらず6位。
アルバムがリリースされ来週以降のチャートポイント上昇が見込まれるこの曲でAMAのオープニングを務めたブルーノ・マーズ、マイケル・ジャクソンを思わせる素晴らしいダンスを披露して好評を得ており、来週はそのパフォーマンス効果も期待できるかもしれません。


7位右下矢印 (先週5位、最高位4位)
DJ Snake(DJ・スネーク) feat. Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – Let Me Love You
2ランクダウンでトップ5から陥落。
ファン投票で決まるためアイドルが強いとされるAMA、それを実証する形で “Favorite Male Artist (Pop/Rock)” に選ばれ、”Purpose” が “Favorite Album (Pop/Rock)”、”Love Yourself” が “Favorite Song (Pop/Rock)”、そして”Sorry” が “Video Of The Year” を受賞したジャスティン、ただこの曲のパフォーマンスの評価はイマイチで、受賞曲をやるべきだったと言われているようです。
Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) – ヒット曲ベスト20


8位右矢印 (先週8位、最高位8位)
Zay Hilfigerrr(ゼイ・ヒルフィガー) feat. Zayion McCall(ゼイオン・マッコール) – Juju On That Beat (TZ Anthem)
変わらず最高位をキープ。
この曲を使った素人のダンスビデオは引き続きアップし続けられているようですが、オフィシャル・ビデオの再生回数はイマイチ伸びず。1位候補の大穴とも言われていましたが難しいようです。


9位右矢印 (先週9位、最高位5位)
D.R.A.M. feat. Lil Yachty(リル・ヤッチー) – Broccoli
何とかトップ10をキープ。
ブロッコリーが川に浮かんでいるように気の抜けたゆるい感じのフロウが特徴的なこの曲、来週はトップ10圏外に流れていくかもしれません。


10位右矢印 (先週10位、最高位9位)
Maroon 5(マルーン5) feat. Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) – Don’t Wanna Know
こちらも変わらず。
AMAではこの曲をパフォーマンスしたマルーン5、ビルボードからは16パフォーマンス中15位という酷評を受けていますが、理由は衣装。みんなポケモン風の衣装を期待していたということのようです。

以上、最新のチャートでした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 21 より:

    毎週見させてもらってまーす。今や、日本でも人気のマネキンチャレンジ!その影響で1位になっているBlack Beatlesなのですが、2位とどれくらいの差があるのですか? 

    • 質問に答える前に… 以下の2つ以上に当てはまると自動的にスパム扱いになるのでご注意ください。
      1.IPアドレスや名前を使い分けている
      2.本文に関係ないコメントが多い
      3.質問のコメントが大多数になっている

      セールス
      154,000 (Black Beatles)
      58,000 (Closer)

      ストリーミング
      54,100,000 (Black Beatles)
      26,200,000 (Closer)

      ラジオ
      41,000,000 (Black Beatles)
      147,000,000 (Closer)