【解説】Again / レニー・クラヴィッツ

 
ビッグバナー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2001年の今日(2月17日)、最高位4位を記録した Lenny Kravitz(レニー・クラヴィッツ) の “Again” について解説しました。

昔の恋人への未練を歌ったミッドテンポのロック・バラードで、グラミーの最優秀男性ロックヴォーカルパフォーマンス受賞曲。

僕の人生で
君はどこにいたの
また君に会えるだろうか
その日が来たら
きっと うまくやっていける
また君に会えるだろうか

というサビの部分は心の叫びのようにも感じられ、振られた彼女への未練なんかではなく、ひょっとしたら亡くなった人への思いなのかもしれません。

ビデオでは、同棲中の彼女に関心がなくなったレニーが、レストランに勤める女性に恋をしてしまうものの再会できない、というストーリーになっています。

ちなみに、ビデオで同棲中の彼女役を演じているのはレニーの高校時代の同級生でもある女優のジーナ・ガーション。

【リンク】
当時(2001/02/17)のチャート
レニー・クラヴィッツのヒット曲

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加